SHERYL CROW / HOME FOR CHRISTMAS

b0079504_15454781.jpg


本日もクリスマスアルバム。本日のエントリーを含めてあと3枚、もうしばらくお付き合いください。

で、今日は11月末に発売(北米ではホールマーク・ストア限定で9月に発売されてたよう)されたシェリル・クロウのクリスマスアルバム。近作はあまり好きでないものの、彼女はお気に入りのアーティストなんですよね。もちろんこのアルバムも即効でゲットです。

デビューアルバムを手掛けたビル・ボットレルが最新作「ディトアース」に引き続きプロデュースということで、70年代ロックのテイストを感じるフォーキーなサウンドを想像しておりましたが、う~ん・・・期待ほどではないですが、なかなか彼女らしい作品になっております。

オープニングナンバーの「世界に告げよ 賛美歌第二編」や、ナット・キング・コールの歌唱で有名な②「クリスマス・ソング」、ブルースシンガー、チャールズ・ブラウンの⑤「メリー・クリスマス・ベイビー」、エルビス・プレスリーのヒットで有名な⑦「ブルー・クリスマス」などは、ホーンも取り入れた軽快なアレンジのバンドサウンドでかなりいい感じですし、ビング・クロスビーの⑥「聖メリーの瞳」もストリングス入りの甘めなアレンジのバラードながらも、けっこうパワフルにしっかりと歌い上げております。

とはいえ、ストリングス入りのジャジーなアレンジのバラード④なんかはちょっとありきたりな感じはするし、今回収録された新曲の⑨⑩もピアノ弾き語り+ストリングスのバラードナンバーで違和感なく納まってはいるものの、ちょっと地味な存在かも・・・
彼女のヴォーカルも、全体的になんか元気ないような感じがしますし、バンドサウンド基調なものも、もうちょっと突き抜けたような感じがあってもよかったかな・・・ 




「Merry Christmas Baby」
クラプトンと共演した99年の映像ですが、すでに今作に収録したものの雛形はできていたようですね。


1. Go Tell It On The Mountain
2. The Christmas Song
3. White Christmas
4. I'll Be Home For Christmas
5. Merry Christmas Baby
6. The Bells Of St. Mary's
7. Blue Christmas
8. O Holy Night
9. There Is A Star That Shines Tonight
10. Hello My Friend, Hello
11. All Through The Night


オリジナリティ ★★★
快活さ ★★★★
しっとり感 ★★★☆
個人的お気に入り度 ★★★☆
[PR]
by shintan_shintan | 2008-12-20 15:45 | HOLIDAY