COWBOY / COWBOY


b0079504_21125720.jpg


カプリコーン所属のサザンロック系バンド、カウボーイ。
以前、70年リリースのファーストアルバムは記事にしましたが、今日紹介するのは77年にリリースにされたラストアルバム「新たな道へ」。

74年のボイヤー&タルトン名義のものも含めると4枚のアルバムをリリースした彼らですが、CD化されているのはファースト「Reach For The Sky」と、93年にリリースされたベスト盤「A Different Time: The Best Of Cowboy」と、(たぶん)日本のみでCD化された今作のみ。
このアルバム、ネットで検索してもほとんどヒットしなかったこともあって、入手するのはほとんど諦めておりましたが、先日ユニオンにて発見。10%オフのセール中だったこともあって、756円という価格でラッキーにも入手できました。

グレッグ・オールマンのライブ盤に収録されている、カウボーイ名義での2曲に惹かれ,彼らに興味を持った僕にとって、ファーストアルバムでのカントリー/ブルーグラス色が強く、アコースティック基調であまりバンドっぽさが感じられない音は、少々地味に感じられましたが、このアルバムではイメージしていたアーシーで憂いあるキャッチーなメロディーが存分に堪能でき、これはめちゃくちゃ気に入りました。

バンドの中心メンバーである2人のヴォーカル&ギター、トミー・タルトンとスコット・ボイヤーを中心としたソングライティングは非常にメロディアスでSSW的なところも感じるところも。ハーモニーの美しさや爽やかな曲調はウェストコーストっぽい感もあって、どんずばサザンロックといったサウンドではないですが、それでもところどころに骨太なものも感じたり、全体的にほどよくアーシーな感じはします。

いやぁ良いアルバムですね~これは久しぶりの五つ星かな。それにしても71年のセカンド「5'll Getcha Ten」とBOYER & TALTON名義の74年作「Cowboy」もいずれはCD化されるんですかね~


1. Takin It All The Way
2. Now That I Know
3. Pat’s Song
4. Straight Into Love
5. Everybody Knows Your Name
6. What Can I Call It
7. Nobody Else’s Man
8. Except For Real
9. Satisfy
10. River To The Sea
[PR]
by shintan_shintan | 2009-03-11 21:12 | 70s (77~79)