JAMES MONTGOMERY BAND / FIRST TIME OUT


b0079504_1184724.jpg


本日記事にするのは、ジェイムス・モントゴメリー・バンドの73年作「ファースト・タイム・アウト」 たぶんファーストアルバムだと思いますが、よくわからないんですよね・・・

CD化されているカプリコーンレーベルのタイトルをコンプリートするべく、ちょこちょこと買い揃えておりまして、このアルバムも、だいぶ前からチェックしておりました。
ただ、ジェイムス・モンゴメリーって、ネットで検索してもほとんど情報が得られない、かなりマイナーなアーティストのようだし、アマゾンマケプレでのプレ値で購入するしかないんだろうなと思っておりましたが、ユニオン国立店で発見。しかも630円で!

で、このバンドですが、ヴォーカル&ハープのジェイムス・モントゴメリーと、ヴォーカル&ギターのピーター・ベルの2人を中心に、リードギター、ベース、ドラム、鍵盤奏者を加えた6人組。バンド編成などから、ポール・バターフィールド・ブルース・バンドを思い起こしましたが、サウンド的にも類似点が多く、ソウル、ブルース、ロックンロールを織り交ぜたファンキーな音を聴かせてくれます。

収録されている9曲のうち、メンバーのオリジナルは5曲で4曲がカバー。①⑨はトラディショナルナンバーで、②はリトル・リチャードのオリジナルでプレスリーもカバーしたナンバー。⑥はアラン・トゥーサンの72年作に収録されていた楽曲になっております。

正直なところ、どことなくB級感が漂う内容なんですが、カバーのセンスも良いし、ファンキーでほどよくハードな演奏もなかなか。ピーター・ベルのソウルフルなヴォーカルもいい感じで、なかなか気に入ったアルバムです。数千円のプレ値でゲットするほどではありませんが、お安く見かけたらぜひ聴いてみてくださいね。


1. Don't Do That
2. I'm Funky But I'm Clean
3. Ready Teddy
4. If You Want Me
5. Drive Myself Crazy
6. Going Down
7. Son Of Jump
8. Everybody Knows The Answer
9. Train
[PR]
by shintan_shintan | 2009-03-22 11:10 | 70s (73~76)