ABC / THE LEXICON OF LOVE


b0079504_21165471.jpg


本日2本目の記事はABC。

ヒットしたシングル「ルック・オブ・ラブ」は当時も今も大好きな曲ではあるんですが、このバンドで知ってるのはこの1曲だけ。僕の中では一発屋のイメージもあったりするんですが、先日ブックオフにて彼らが82年にリリースしたファーストアルバムのリマスター盤を250円で発見し、何の気なしに聞いてみることに・・・

実はこのアルバム、中学生のときにカセットに録ってもらった記憶はあるんですが、内容はまったく覚えてないんですよね。今回もたいして期待してたわけではないんですが、聴いてみてビックリ! これ、カッコイイですね~ いやぁ、お見それしました。

サウンド的には前回記事にしたスパンダー・バレエに通じるところもあるんですが、よりファンク度の高いダンス調のアルバム。プロデュースしてるのが、イエスやバグルスでおなじみのトレヴァー・ホーンということもあってか、ストリングスやホーンをふんだんに取り込んだ凝った音作りで、単なるファンク調ロックにとどまらないような仕上がりに。 

このバンド、いわゆる「ニューロマンティック」のくくりで語られることが多いのかな・・ それも決して間違いではないんですが、イメージ以上にかなり本格的なサウンドですよ。


1. Show Me
2. Poison Arrow
3. Many Happy Returns
4. Tears Are Not Enough
5. Valentine's Day
6. Look Of Love (Part One)
7. Date Stamp
8. All of My Heart
9. 4 Ever 2 Gether
10. Look Of Love (Part Four)
11. Theme From "Mantrap" (Bonus)
[PR]
by shintan_shintan | 2009-06-09 21:40 | 80s ROCK