MADONNA / MADONNA


b0079504_21161461.jpg


マドンナ・・・ 特に思い入れのある好きな歌手でもないんですが、それでも何だかんだでオリジナルアルバムはだいたい聴いてるんですよね。このファーストアルバム以外は・・・

というわけで、今回記事にするのは、マドンナが83年にリリースしたファーストアルバム。ユニオンでリマスター盤を525円でゲットです。

僕のマドンナ初体験は、中学時代にエアチェックしたシングル「ボーダーライン」なんですが、アルバムとして聴いたのは84年のセカンド「ライク・ア・ヴァージン」で、このファーストはLPを所有してる友人もいなかったこともあってずっと聴かずじまい。今回ようやく聴く事になったんですが、これがなかなかに素晴らしい・・・

キャラのみならず、サウンド的にも個性を確立し始めた「ライク・ア・ヴァージン」 「トゥルー・ブルー」 、はたまた新進気鋭のサウンドプロデューサーをこぞって器用させた「ライク・ア・プレイヤー」以降のプロダクションに比べると、完成度と言う点では若干劣るのかもしれませんが、なんか初々しい感じがするし、それがまた新鮮でもあります。個人的には彼女の諸作で一番好きかも。ちなみに2位は98年の「レイ・オブ・ライト」で、3位は89年の「ライク・ア・プレーヤー」だったりします。

デビュー作とはいえヒット曲満載のこのアルバム、アルバムリリース前にリリースしたデビューシングル⑧と、セカンドシングルの③は共にビルボードのダンスチャートで3位。アルバムリリース後にカットしたシングルの⑤はビルボードのポップチャートで16位。続く②は10位を記録し、①は最高4位まで上がる大ヒットに。

というわけで8曲中5曲がシングル、他の3曲もシングルに劣ることのない楽曲ですから、アルバムとしての出来も悪い訳がないです。③⑧こそディスコ/ダンス路線で今聴くとちょっと古めかしいですが、それ以外にはすでにマドンナらしさが満ち溢れております。


1. Lucky Star
2. Borderline
3. Burning Up
4. I Know It
5. Holiday
6. Think Of Me
7. Physical Attraction
8. Everybody
9. Burning Up (12" Version)
10. Lucky Star ("New" Mix)
[PR]
by shintan_shintan | 2009-06-09 22:50 | 80s ROCK