GRINDERSWITCH / LIVE TRACKS


b0079504_873955.jpg


オールマン・ブラザース・バンドのローディーを中心に結成されたサザンロックバンド、グラインダースウィッチ。サザンロック関連を掘り起こしていくと、間違いなく当たるグループではありますが、一般的にはマニアックなのかな・・・

2004年には数十年ぶりの再結成アルバムをリリースした彼らですが、72年のデビューから82年に解散するまでに7枚のオリジナルアルバムをリリースと、そこそこ長いキャリアを持っているにもかかわらず、CD化されてるのは再結成盤を含めて3枚のみ。その内の1枚は74年にリリースされたファーストアルバムで、もう1枚は、今日紹介するOne Wayより95年にリリースされた発掘音源によるライブアルバム。amazonではすごい金額がつけられれておりますが、先月末に1,260円という普通の中古価格でゲットできました。

ブックレットにも詳細が記載されていなんで、いつごろのライブのものかはわかりませんが、収録曲などから推測すると、セカンドアルバム「MACON TRACKS」リリース後の75年くらいじゃないかな・・・

収録曲に関しては、1stアルバムから①③、2ndからは④を。それ以外はすべてブルースナンバーのカバー。②はアルバートキングで、④の後半はエルモア・ジェイムス。マーシャル・タッカー・バンドのトイ・コールドウェル(ギター)も参加している⑤はチック・ウィリスのナンバー。また、アウトテイクなのかな・・・⑥だけはスタジオ録音で、フレディ・キングのファンキーな名曲を彼ららしくカバーしております。

ファーストアルバムではそれほど強くブルース色は感じなかったんですが、こういった選曲をみると彼らのルーツが垣間見れますね・・・ また、インプロを交えた長尺な演奏(①②ともに10分超、③④は約15分、一番短い⑤でも8分半)なんかはオールマン直系って感じで、サザンロックの醍醐味もたっぷり。

音質に関しては、左右のバランスが悪かったり、録音状態もあまり良くないですが、逆に言えば、ブックレットに記載があるように何の補正もしてない生の音がまんま記録されているということで、臨場感や雰囲気がストレートに味わえますね。


1. Kiss The Blues Goodbye
2. You're Gonna Miss Me When I'm Gone
3. How The West Was Won
4. Pickin' The Blues/I Ain't Got The Blues No More
5. Stoop Down Baby
6. Hideaway
[PR]
by shintan_shintan | 2009-06-16 19:05 | SOUTHERN / SWAMP