KING HARVEST / DANCING IN THE MOONLIGHT


b0079504_21102113.jpg


72年に全米13位のヒットとなり、多くのアーティストにもカバーされた名曲「ダンシング・イン・ザ・ムーンライト」1曲のみの一発屋として知られるNYのバンド、キング・ハーヴェスト。

先日、前述した「ダンシング~」が収録されている72年のファーストアルバムをブックオフの安棚で発見。
ビーチ・ボーイズのカール・ウィルソンとマイク・ラブも参加している、75年リリースのセカンドアルバムはユニオンにて3,000円近いプレ値で何度か見かけたこともあって、バンドの存在こそ知っていましたが、音に関しての知識はゼロ。とはいえ、帯のコピーによるとなかなか良さそうな感じだったし、何より500円という価格に惹かれてゲット。

このアルバム、けっこうネットなどでも記事やレヴューにされているんですが、たいていが「ダンシング~」以外はイマイチ・・・なんてのばっかり。いやいや、確かに「ダンシング~」は良い曲ですが、それ以外もなかなかですよ!

アルバムオープニングの①は、ホーン入りの軽快なロックンロールで、②は一転してジャズファンク調なインスト。③はスワンプの帝王、トニー・ジョー・ホワイトのカバーだし、⑤もホーン入りのスワンプチューン。アルバムラストの⑩もハードなギターが弾きまくりのファンキーなブルースロック。

というわけで、ソウルやブルースからの影響が強い南部風のナンバーが多い印象が強くはあるんですが、⑥⑦はロマンチックなバラードですし、⑧はちょっとサイケな60sっぽいフォーキーチューン。⑨はシングルヒットしてもおかしくないキャッチーなナンバー と言った具合で音楽的には各曲でバラバラ。ロマンティックなポップナンバー「ダンシング~」みたいなサウンドを期待して聴くと、驚いてしまうのも分からなくはないんですが、各曲ともクオリティーは高いですし、純粋に良い曲です。





1. Lady, Come On Home
2. Motor Job
3. Roosevelt And Ira Lee
4. Dancing In The Moonlight
5. She Keeps Me High
6. Think I Better Wait Till Tomorrow
7. Smile On Her Face
8. You and I
9. Marty And The Captain
10. I Can Tell
[PR]
by shintan_shintan | 2009-06-17 22:35 | 70s (70~72)