MICHAEL JACKSON  紙ジャケ

マイケル・ジャクソンの突然の死から10日あまり・・・ 
今でもワイドショーなどで取り上げられることも多いですし、CDショップの特設コーナーでは老若男女問わず、彼のアルバムを手に取っているのを良く見かけますしで、あらためてマイケルの人気や影響力の凄さを感じる今日この頃。

で、タイミング良くといったら不謹慎かもしれませんが、ジャクソンズおよびソロ時代の紙ジャケが本日リリースに。もともと何枚かは購入するつもりでしたが事前に予約はしてなかったので、少々不安を感じながらも昼休みに店頭に向かうと、初回プレス分は事前予約でソールドアウト状態!

タワーもHMVもユニオンもだめで、今日の購入はなかばあきらめかけていたんですが、得意先近くの新橋の個人ショップで運よくゲットできました。それにしてもえらい人気ですね~ 追加プレスもあるので入手出来ないことはないと思いますが、少々時間がかかるようですよ。



で、本日入手した2枚。

b0079504_22125822.jpg

79年のソロデビューアルバム「OFF THE WALL」

1. Don't Stop 'Til You Get Enough
2. Rock With You
3. Workin' Day And Night
4. Get On The Floor
5. Off The Wall
6. Girlfriend
7. She's Out Of My Life
8. I Can't Help It
9. It's The Falling In Love
10. Burn This Disco Out

11. Voice-Over Intro Quincy Jones Interview ♯1
12. Voice-Over Intro Don't Stop 'Til You Get Enough (Original Demo From 1978)
13. Don't Stop 'Til You Get Enough (Original Demo From 1978)
14. Quincy Jones Interview ♯2
15. Voice-Over Intro Workin' Day And Night (Original Demo From 1978)
16. Workin' Day And Night (Original Demo From 1978)
17. Quincy Jones Interview ♯3
18. Voice-Over Intro Rod Temperton Interview
19. Quincy Jones Interview ♯4




b0079504_22132135.jpg

82年リリースのメガヒットアルバム「THRILLER」

1. Wanna Be startin' somethin'
2. Baby Be mine
3. Girl Is mine
4. Thriller
5. Beat It
6. Billie Jean
7. Human Nature
8. PYT (Pretty Young Thing)
9. Lady In My Life

10. Voice-Over Intro Quincy Jones Interview ♯1
11. Someone In The dark
12. Voice-Over Intro Quincy Jones Interview ♯2
13. Billie Jean (Original Demo From 1981)
14. Quincy Jones Interview ♯3
15. Voice-Over Intro Rod Temperton Interview ♯1
16. Quincy Jones Interview ♯4
17. Voice-Over Intro Voice Over Session From Thriller
18. Voice-Over Intro Rod Temperton Interview ♯2
19. Quincy Jones Interview ♯5
20. Carousel
21. Voice-Over Intro Quincy Jones Interview ♯6



どちらも、様々なところで語られている素晴らしいアルバムなので、内容に関しての詳細は省きますが、「オフ・ザ・ウォール」はコンテンポラリーかつファンキーな1枚で僕が1番好きなマイケルのアルバム。ルイス・ジョンソン(B)、ジョン・ロビンソン(Dr)、デヴィッド・ウィリアムス(G)、ワー・ワー・ワトソン(G)、リー・リトナー(G)、デヴィッド・フォスター(Key)、らのバックも素晴らしすぎ!

「スリラー」はリアルタイムで聴いていただけあって、一番印象深く、一番よく聴いたマイケルのアルバム。
全世界で1億枚以上という、とてつもないセールスを記録している作品ですが、内容も捨て曲なしのパーフェクト。久々に聴きなおしましたが、いやはや凄いね!
[PR]
by shintan_shintan | 2009-07-07 23:09 | SOUL/FUNK