LOUISE GOFFIN 「KID BLUE / LOUISE GOFFIN」


キャロル・キングとジェリー・ゴフィンの長女、ルイーズ・ゴフィン。

「ロコモーション」のリトル・エヴァがベビーシッターしていたのがルイーズですが、数年前にはお母さんと一緒にGAPのCMにも出演しており、存在自体はなんとなく知っておりましたが、アルバムをリリースしていた、というか、今でも現役で活動しているとは知りませんでした。

たまたま、ネットで彼女の1stのジャケを見かけ、そのナチュラルな雰囲気に惹かれたんですが、色々と検索してみると、どうも音楽的な評判は高くないようなんですよね。声が甲高いとか、ニューウェーブっぽいとか・・・とはいえ、聴いてみたい衝動を抑えられず、彼女が19歳のときにリリースした79年のファーストアルバムと、81年のセカンドの2in1をゲット。
b0079504_2145224.jpg






前半の10曲が、79年のファーストアルバム「KID BLUE」
ちなみに当時の邦題は「お嬢さんお手やわらかに」だそう、何なんでしょうね・・・

b0079504_21454850.jpg



で、内容に関してはオープニングの①やシャングリラスの⑤こそ、少々ウェットで歌謡曲っぽい感じのするロックナンバーですが、続くビートルズの②やダニー・コーチマー作の③などではお母さんを彷彿とするアーシーな雰囲気のナンバー。

軽快なロックナンバー④⑥などもなかなかだし、JDサウザーのコーラスがイーグルスっぽい⑨も力作。⑧⑩もSSWテイスト豊かな佳曲だし、キラーチューンはないし、舌ったらず&エキセントリックな彼女のヴォーカルも好き嫌いが分かれそうですが、バック陣は超豪華だし、アルバムとしてもなかなかじゃないでしょうか。

キャロル・キングのような音を期待すると少々戸惑ってしまうでしょうが、それでもゴフィン/キングの血を感じるところもしばしば。


1. Kid Blue
2. All I've Got To Do
3. Hurt by Love
4. Red Lite Fever
5. Remember (Walking In The Sand)
6. Jimmy And The Tough Kids
7. Angels Ain't For Keeping
8. Long Distance
9. Trapeze
10. Singing Out Alone

Prodeced By Danny Kortchmar

Loise Goffin (Vocal, Guitar, Piano)
Danny Kortchmar(Guitar)
Steve Lukather (Guitar)
Waddy Wachtel (Guitar)
Michael Landau (Guitar)
John Pierce (Bass)
Lee Sklar (Bass)
Mike Porcaro (Bass)
Michael Baird (Drums)
Russ Kunkel (Drums)
David Kemper (Drums)
David Paich (Organ, Piano)
Andrew Gold (Organ, Synthesizer)
Peter Robinson (Synthesizer, Electric Piano)
Don Grolnick (Organ, Electric PIano)
J.D. Souther (Background Vocals)
Don Henley (Background Vocals)
Carole King (Background Vocals)
Jorge Calderone (Background Vocals)







b0079504_21461097.jpg

81年にリリースされたセカンドアルバム「LOUISE GOFFIN」
こちらの当時の邦題は「堕天使」。何だかなぁ・・・当時のレコード会社は売る気があったんでしょうか?

ファーストでは適度に織り込まれていたルーツ/SSWテイストですが、今作ではいたって普通のガールズロックになっちゃった って印象。冒頭3曲はGO-GO'Sみたいだし・・・

聴き進めていくと、カントリータッチな曲なんかもあって、それなりに振り幅を持たせて入るものの、彼女のヴォーカルもエキセントリック度が若干増していて、キンキンしたところがちょっと耳につくかな。


11. I've Had It
12. Dog Town
13. Runaway Boy
14. If You Ever Did Believe
15. Dizzy, You're A Dreamer
16. Geisha Girl
17. Baby, Come 'Round To Me
18. Johnny Can't Make Her
19. Rockin' On The Strand
20. Might As Well Pass By

Prodeced By Danny Kortchmar

Loise Goffin (Vocal, Guitar)
Danny Kortchmar(Guitar)
Dennis Herring (GUitar)
Kenny Edwards (Bass)
Eric Wallengren (Bass)
Leland Sklar (Bass)
Mark T. Williams (Drums)
William D. Smith (Piano, Organ)
Michael Boddicker (Synthesizer)
Bill Olvis (Piano)
Dan Dugmore (Pedal Steel Guitar)
[PR]
by shintan_shintan | 2009-07-18 09:04 | 70s (77~79)