REO SPEEDWAGON / HI INFIDELITY (紙ジャケ)


b0079504_17551311.jpg


68年に結成され、71年にデビューしたもののヒットとは縁遠かったREOスピードワゴンが、デヴューから10年目の80年に放った大ヒットアルバム「禁じられた夜」

アルバムは全米15週1位のビッグセールスとなり、81年の年間ナンバーワンに。
また、このアルバムからは②「キープ・オン・ラヴィング・ユー」が全米1位となり、それ以外にも⑤「テイク・イット・オン・ザ・ラン」(全米5位)、④「涙のレター」(全米20位)、①「ドント・レット・ヒム・ゴー」(全米24位)とヒットを連発。日本では「涙のレター」がかなり人気だったようですね。

このグループをリアルタイムで聴いたのは84年リリースの次々作「ホイールズ・アー・ターニン」なんで、今作は後追い。それも初めて聴いたのは数年前なんですが、大ヒットも頷けるキャッチーなんだけどパンチのあるアメリカンロックで愛聴してる1枚。

「キープ・オン・ラヴィング・ユー」も「涙のレター」ももちろん名曲ではありますが、個人的にはアルバムオープニングの「ドント・レット・ヒム・ゴー」が大好きなんですよね~ ノリ良し、メロ良しだし、ギターソロもめちゃくちゃカッコイイです。





最後に音質に関してですが、2000年リマスターの現行盤も悪い音ではありませんが、今回の紙ジャケに施された2009年最新リマスターのほうが、音に奥行きが感じられて更に向上しておりますね。やはり名盤は良い音で聴くに限りますね。


1. Don't Let Him Go
2. Keep On Loving You
3. Follow My Heart
4. In Your Letter
5. Take It On The Run
6. Tough Guys
7. Out Of Season
8. Shakin' It Loose
9. Someone Tonight
10. I Wish You Were There
[PR]
by shintan_shintan | 2009-07-24 21:37 | 80s ROCK