YES / RELAYER


で、久しぶりに聴いたアルバム「危機」の素晴らしさにようやく気づき、一気にヘィーローテーションに。

となると、他のアルバムにも興味が・・・ 2枚組大作の「海洋地形学の物語」や、ライブ盤「イエスソングス」なんかも興味があったんですが、次に入手したのが74年にリリースした通算8作目になる「リレイヤー」。ライノからリリースされたスリップケース付のデジパック盤になりますが、ユニオンで840円でした。

b0079504_822658.jpg

RELAYER (74年)

1. The Gates Of Delirium
2. Sound Chaser
3. To Be Over

4. Soon (Single Edit)
5. Sound Chaser (Single Edit)
6. The Gates Of Delirium (Studio Run-through)


脱退したリック・ウェイクマンに代わって、スイス人キーボードプレーヤー、パトリック・モラーツが参加したことで、ジャズロック的なアプローチも見られるテクニカルなアルバムとのことでしたが、22分にもおよぶ大曲の①「錯乱の扉」では、クラシカルなところが減って多少モダンにシフトした印象は受けるものの、それほどモラーツ色は感じなかったかな・・・ 逆に②③では「新しい血」を感じるところもしばしば。時折聴けるフェンダーローズの音色が妙に新鮮でしたね~
 
アルバムを通して言える事ですが、各パートのメロディーは印象的なものが多いものの、通しで聴くと大きなインパクトにつながってないような気も・・・ 正直なところ「危機」と比べてしまうと見劣りしてしまいますが、それでも個々のテクニカルなプレイや、ジャズ/フュージョン色といった新機軸はなかなか楽しめました。







で、SHM紙ジャケがリリースされたことで、ユニオンあたりでは98年、01年にリリースされた旧紙ジャケが暴落しておりますね~ 

おかげで、スティーブ・ハウ加入後にリリースされた「サード・アルバム」の紙ジャケ(盤質A)を1,260円で入手することができました。ちなみにライノリマスターの輸入盤プラケ1,050円と悩んでしまいましたが、ボートラにはあまり興味がないし、この旧紙ジャケシリーズに施された国内リマスターもライノ盤と比べても遜色のない音質のようだし・・・

b0079504_8222323.jpg

THE YES ALBUM (71年)

1. Yours Is No Disgrace
2. TheClap
3. Starship Trooper
     a) Life Seeker
     b) Disillusion
     c) Wurm

4. I've Seen All Good People
     a) Your Move
     b) All Good People

5. A Venture
6. Perpetual Change


というわけで、これに関しては、まだあまり聴きこんでないんですが、「こわれもの」「危機」の前夜といったサウンドがすでに披露されていて、少々散漫な感じは否めないものの、これもまたお気に入りになりそうかな・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2009-08-11 19:37 | 70s ROCK