THE FLYING BURRITO BROS (紙ジャケ)


お盆休みなどに何日か休日出勤しましたので今日と明日は代休。
それを利用してこれから格安ツアーで北京に行ってまいります。まだ、準備とかしてないんでばたばたとしておりますが、昨日買ったCDを簡単にご紹介しておきますね。

リマスターの2in1を所有してるんで、当初はスルーの予定だったフライング・ブリトウ・ブラザース紙ジャケですが、店頭で見かけて思わずグラム・パーソンズ在籍時の2枚だけですが買っちゃいました(苦笑) 帯が再現されてるし、2009年最新リマスターだしね。まぁ、おかげでシカゴ紙ジャケを数枚キャンセルすることになっちゃいましたが・・・


b0079504_1110423.jpg

THE GILDED PALACE OF SIN (69年)
1. Christine's Tune
2. Sin City
3. Do Right Woman
4. Dark End Of The Street
5. My Uncle
6. Wheels
7. Juanita
8. Hot Burrito ♯1
9. Hot Burrito ♯2
10. Do You Know How It Feels
11. Hippie
12. The Train Song (Bonus)



b0079504_11111687.jpg

BURRITO DELUXE (70年)
1. Lazy Days
2. Image Of Me
3. High Fashion Queen
4. If You Gotta Go
5. Man In The Fog
6. Farther Along
7. Older Guys
8. Cody,Cody
9. God's Own Singer
10. Down In The Churchyard
11. Wild Horses
12. Sing Me Back Home (Alternate Take)
13. I Shall Be Released (Bonus)

内容に関しては今更私ごときが語ることもない、カントリーロックの名盤2枚。
気になるリマスターも、以前のものと比べて音圧はそれほど変わっておりませんが、左右のバランスが悪かったり、位相が変に感じられたところが解消されていて、聴きやすい音に仕上がっております。

ただ、気になるところもあって、「Dark End Of The Street」冒頭のカウントや、「Lazy Days」冒頭のDJ風MCがカットされております。オリジナルってどうなんですかね・・・

最後に、どうでも良い話ですが、バンド名のカナ読みって「フライング・ブリトウ・ブラザーズ」なんですかね・・・ 僕はずっと「バリット」だと思ってたんですが。ちなみに1stの帯では「ブリット」、2ndの帯では「バリット」、背部分は両方とも「ブリトウ」となっております。
[PR]
by shintan_shintan | 2009-09-03 09:39 | COUNTRY ROCK