CHICAGO 紙ジャケ 其ノ壱


昨日は各新聞やニュースなどでも多くとりあげられていた「ビートルズ リマスター盤発売」。今週来週はブログでもビートルズ祭りとなりそうですね。

というわけで、ビートルズはもう少し聴きこんでから記事にするとして、同じ9/9に発売になったものの多少霞んでしまった感のあるシカゴ紙ジャケをご紹介。

ブラスロック時代のシカゴ、とりわけテリー・キャス(G,Vo)存命中の作品はどれも大好きで、一時期は一ヶ月くらいシカゴしか聴かなかった時もあったくらい。

というわけで、今回の紙ジャケに採用されたライノリマスター盤は所有してはいるものの、シカゴってけっこう凝ったジャケが多いですからね・・・ 迷わず全買いのオーダーを入れたものの、FBB紙ジャケを買っちゃったおかげで3枚ほどキャンセル。とりあえずは1stから「7」までの6枚をゲット。


b0079504_2218313.jpg

69年にいきなり2枚組でリリースされたのファースト「シカゴの軌跡」(全米17位)

実質的にはシカゴの1stですが、この時のバンド名はシカゴ・トランジット・オーソリティー。ただ、実在していた同じ名前の会社に訴えられ、次作以降、バンド名を変えることに。


b0079504_22185332.jpg

無地内袋、ステッカー2種がついております。


CHICAGO TRANSIT AUTHORITY (69年)

1. Introduction
2. Does Anybody Really Know What Time It Is?
3. Beginnings
4. Questions 67 And 68
5. Listen
6. Poem 58
7. Free Form Guitar
8. South cClifornia Purples
9. I'm A Man
10. Prologue (August 29, 1968)
11. Someday (August 29, 1968)
12. Liberation






b0079504_22192098.jpg

名曲「長い夜」を含む70年のセカンドアルバム「シカゴと23の誓い」(全米4位)

このアルバムからバンド名がCHICAGOに。


b0079504_22194364.jpg

ポスター、ステッカー2種も再現。


CHICAGO (70年)

1. Movin' In
2. The Road
3. Poem For The People
4. In the Country
5. Wake Up Shineshine
6. Make Me Smile
7. So Much To Say, So Much To Give
8. Anxiety's Moment
9. West Virginia Fantasies
10. Colour My World
11. To Be Free
12. Now More Than Ever
13. Fancy Coours
14. 25 Or 6 To 4
15. Memories Of Love: Prelude
16. Memories Of Love: A.M. Mourning
17. Memories Of Love: P.M. Mourning
18. Memories Of Love
19. It Better End Soon (1st Movement)
20. It Better End Soon (2nd Movement)
21. It Better End Soon (3rd Movement)
22. It Better End Soon (4th Movement)
23. Where Do We Go From Here

24. Make Me Smile (Single Version)
25. 25 Or 6 To 4 (Single Version)





b0079504_2220544.jpg

71年リリースの3作目「シカゴⅢ」。」(全米2位)
それにしても新人がデビューから3作連続で2枚組をリリースってのも凄いですよね。


b0079504_22202915.jpg

反戦を訴えるような意味深なポスター、歌詞が印刷された内袋2種もちゃんと再現。


CHICAGO Ⅲ (71年)

1. Sing A Mean Tune Kid
2. Loneliness Is Just A Word
3. What Else Can I Say
4. I Don't Want Yur Money
5. Travel Suite: Flight 602
6. Travel Suite: Motorboat To Mars
7. Travel Suite: Free
8. Travel Suite: Free Country
9. Travel Suite: At The Sunrise
10. Travel Suite: Happy 'Cause I'm Going Home
11. Mother
12. Lowdown
13. An Hour In The Shower: A Hard Risin' Mornin Without Breakfast
14. An Hour In The Shower: Off To Work
15. An Hour In The Shower: Fallin' Out
16. An Hour In The Shower: Dreamin' Home
17. An Hour In The Shower: Morning Blues Again
18. Elegy: When All The Laughter Dies In Sorrow
19. Elegy: Canon
20. Elegy: Once Upon A Time...
21. Elegy: Progress?
22. Elegy: The Approaching Storm
23. Man Vs. Man: The End




ブラスロックバンドとしてのシカゴの醍醐味を味わうなら、テリー・キャスとロバート・ラム(Key,Vo)の双頭がしのぎを削っていたこの初期3枚でしょう。

ジャズロックを基調に、ソウル、ファンク、カントリー、時にはクラシックなどの要素を加味したサウンドと、政治的でメッセージ色の強い歌詞。AORと化した80年代の彼らしか知らない方には、びっくりするような硬派な内容ですが、ぜひぜひ聴いていただきたいものです。

今回購入した残り3枚は次回に続く・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2009-09-10 23:03 | 70s ROCK