MEGADETH 「PEACE SELLS... BUT WHO'S BUYING?」 紙ジャケ (1986年)


b0164199_9183137.jpg















1. Wake Up Dead
2. The Conjuring
3. Peace Sells
4. Devil's Island
5. Good Mourning / Black Friday
6. Bad Omen
7. I Ain't Superstitious
8. My Last Words

9. Wake Up Dead (Randy Burns Mix)
10. The Conjuring (Randy Burns Mix)
11. Peace Sells (Randy Burns Mix)
12. Good Mourning / Black Friday (Randy Burns Mix)



僕が洋楽を聴き始めたのは13歳の時。ヒットしていたものやミュージックライフ誌で評判の高いものが中心でしたが、中2の時にはアイアン・メイデンとオジー・オズボーンにはまり、そのあとはHR/HMばっかり・・・
19歳くらいのときから60~70年代のロックも聴くようになりましたが、それでも大学を卒業するころまでメインで聴いていたのはいわゆるヘヴィメタでした。

ハードなものなら英米問わず何でも聴いてましたが、高2の時に聴いたメタリカの3rdはかなりショックで、その後数年間はどっぷりとスラッシュメタル/パワーメタル漬けに・・・
かなりマイナーなものやデスメタルまで手を広げておりましたが、やはりメタリカ、メガデス、スレイヤーは特別な存在でしたね。

で、今日紹介するメガデスのセカンドアルバムも、それこそテープが擦り切れるほど聴いた1枚でして、メタリカの初期3枚、スレイヤーの3rd、そしてこのアルバムは未だに色褪せる事のない大事な作品だったりします。とはいえ何故かCDに買い替え(所有してるのはLP)するタイミングを逃してしまってたんですが、先日近所のTSUTAYAで3枚3000円コーナーでリマスター紙ジャケを発見!15年以上ぶりに聴きました。

自ら「インテレクチュアル・スラッシュ」と名乗っていただけあって、同時期の他のバンドにくらべて複雑なリフと複雑な曲構成、ジャズロックからの影響も感じさせる圧倒的な演奏力でしたね。
ご存知のようにリーダーのデイヴ・ムステインは元メタリカということもあって、何かとメタリカと比べられる事も多かったですが、個人的にはメガデスのサウンドには知性を感じましたね。ムステインの発言に知性はあまり感じられませんでしたが(笑)・・・


このブログに訪問いただいてる方の大半は興味のないバンドやジャンルだと思いますが、機会がありましたら是非・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2010-02-11 20:03 | HARD ROCK