QUEENSRYCHE 「RAGE FOR ORDER」 紙ジャケ (1986年)


b0164199_22545555.jpg














1. Walk In The Shadows
2. I Dream In Infrared
3. Whisper
4. Gonna Get Close To You
5. Killing Words
6. Surgical Strike
7. Neue Regel
8. Chemical Youth (We Are Rebellion)
9. London
10. Screaming In Digital
11. I Will Remember

12. Gonna Get Close To You (12inch Version)
13. Killing Words (Live)
14. I Dream in Infrared (1991 Acoustic Remix)
15. Walk In The Shadows (Live)


本日もHR/HMネタでございます。
昨日記事にしたメガデスと一緒に1,000円で購入したのが、クイーンズライチの通算3作目「炎の伝説」

彼らの最高作のみならず80年代のハードロックを代表するコンセプトアルバム、89年リリースの4作目「オペレーション・マインドクライム」で一気にブレイクし評価を高めた彼らではありますが、今作でも既に「オペレーション~」と比較しても遜色のないオリジナリティーを発揮しております。

クイーンズライチは特に大好きって訳でもなかったんですが、83年のデビューミニアルバムからリアルタイムで聴いておりまして、この「炎の伝説」もLPで購入してた記憶が・・・ 
今回数十年ぶりに聴きなおしましたが、何だかんだで全曲聴き憶えがありましたし、プログレッシブで実験的なそのサウンドの素晴らしさに改めてビックリしましたね。確かリリース当時はテクノロジー(シンセ系のデジタル楽器)を取り込んだ問題作みたいな評判だった気がしますが、リリースから四半世紀近くたった今の耳で聴けば、ささやかな感じかな(笑)

「オペレーション~」には「Revolution Calling」「Spreading The Disease」「Eyes Of A Stranger」といったキャッチーな楽曲も配されていて、そのあたりが深刻で難解なテーマのアルバムながら一般的な評価に繋がった気もするんですが、このアルバムではリードトラック①「Walk In The Shadows」こそ聴き馴染みの良いハードロックチューンではありますが、他は少々地味、というか通好みな曲が多いかな・・・ まぁ、そこが飽きずに聴き続けられるところでもあるんですけどね。
[PR]
by shintan_shintan | 2010-02-12 20:05 | HARD ROCK