THE VELVET UNDER GROUND 「LOADED」 (Fully Loaded Edition) (1970年)


b0164199_16365396.jpg













DISC 1
1. Who Loves The Sun
2. Sweet Jane (Full Length Version)
3. Rock & Roll (Full Length Version)
4. Cool It Down
5. New Age (Long Version)
6. Head Held High
7. Lonesome Cowboy Bill
8. I Found A Reason
9. Train Round The Bend
10. Oh! Sweet Nuthin'

(Bonus Tracks)
11 Ride Into The Sun (Demo)
12 Ocean (Outtake)
13 I'm Sticking With You (Outtake)
14 I Love You (Demo)
15 Rock & Roll (Alternate Mix)
16 Head Held High (Alternate Mix)

DISC 2
1. Who Loves The Sun (Alternate Mix)
2. Sweet Jane (Early Version)
3. Rock & Roll (Demo Version)
4. Cool It Down (Early Version)
5. New Age (Full-Length Version)
6. Head Held High (Early Version)
7. Lonesome Cowboy Bill (Early Version)
8. I Found A Reason (Demo Version)
9. Train Round The Bend (Alternate Mix)
10. Oh! Sweet Nuthin' (Early Version)
11 Ocean (Demo)
12 I Love You (Outtake)
13 Satellite Of Love (Alternate Demo)
14 Oh Gin (Demo)
15 Walk And Talk (Demo)
16 Sad Song (Demo)
17 Love Makes You Feel Ten Feet Tall (Demo)


一般的にヴェルヴェット・アンダーグラウンドの人気作というと、やっぱりバナナジャケの1stなんでしょうね。
次がノイジーでアヴァンギャルドな2ndなのかな・・・ ただ、未だに彼らの1stの良さが全く分からない僕的には一番好きなのが3rdで、その次が2nd、そして1stという順。まぁ、一番好きな3rdにしても年に数回聴くぐらいなんですけどね・・・

彼らに関しては初期の3枚しか聴いたことがなかったんですが、オフの安棚で70年の4th「LOADED」を入手することができて、最近のちょっとしたヘヴィロテ盤となっております。

ジョン・ケイルの後釜として前作より加入したダグ・ユール(Vocal, Guitar, Bass, Piano, Orgun, Drums)のマルチプレーヤーぶりが発揮され、ルー・リード脱退の引き金となったアルバムのようですね。
①「Who Loves The Sun」を聴いたときには、そのポップぶりに、これがヴェルヴェット?とビックリしてしまいましたが、②「Sweet Jane」や③「Rock & Roll」は文句なしにカッコイイですね。

彼らの作品で一番ポップで一番聴きやすい作品だと思いますが、逆に言うと一番アクのないアルバムでもあって、そのあたりが評価の分かれるところでしょうか・・・

ちなみに、これはマイランキングでは3rdの次にきそうです。
[PR]
by shintan_shintan | 2010-03-01 11:36 | 70s (70~72)