THE JACKSONS 「DESTINY」 (1978年)


b0164199_2291282.jpg














1. Blame It On The Boogie
2. Push Me Away
3. Things I Do For You
4. Shake Your Body (Down To The Ground)
5. Destiny
6. Bless His Soul
7. All Night Dancin'
8. That's What You Get (For Being Polite)


マイケル・ジャクソンの「スリラー」は洋楽を聴き始めた当時に大ヒットしていたこともあって、テープが擦り切れるほど聴きましたし、その前作「オフ・ザ・ウォール」は今でも良く聴く愛聴盤。
ところが、ジャクソン5はモータウンのコンピに収録されている有名曲くらいしか知らないし、ジャクソンズもリアルタイムでヒットした「ステイト・オブ・ショック」くらいなもん・・・

なもんで、昨年にジャクソンズの紙ジャケがリリースされた時も店頭で手に取ったものの購入せず。
今となってはどれもすごいプレ値になっていて思いっきり後悔してるんですが、先日ブックオフにてジャクソンズが78年にリリースした「今夜はブギーナイト」を250円で見かけて初ジャクソンズとなったんですが、いやぁ~素晴らしい!

ジャクソンズと名義を変えて以降の数枚はフィリーっぽい音だそうですが、今作ではファンキー&ダンサンブルのオンパレード。78年ということでディスコサウンドを意識してのプロダクションなんでしょうが、それほど時代性を感じない普遍的なかっこよさを感じますね。

ファーストシングルにもなり日本でも大ヒットした①「今夜はブギーナイト」でつかみはOK。スローな②で一息ついた後も、僕がこのアルバムで一番好きな③、セカンドシングルとして全米7位を記録する④ファンキーチューンの連続攻撃!

アルバムB面の⑤⑥は、いずれもミドル~スローの穏やかな曲調ながらサビや大サビでファンキーに決めるといったナンバーでこの2曲も大のお気に入り。⑦はアップテンポなロックンロール調で、アルバムのシメはストリングスが印象的な穏やか&優しげ、かつリズミカルな⑧。

いやぁ、全8曲どれも素晴らしい出来で捨曲ナシの傑作アルバムじゃないでしょうか。
ビックリしたのは、「オフ・ザ・ウォール」の原型のようなところをいたるところに感じられたこと。あのアルバムはクインシー・ジョーンズのプロデュースによるところが大きいと思ってましたが、このアルバムを聴いてマイケルの才能の凄さを改めて実感しましたね~ 文句なしの星五つです。
[PR]
by shintan_shintan | 2010-03-17 00:00 | SOUL/FUNK