CHARLIE DORE 「WHERE TO NOW」 (1979年)


b0164199_16481253.jpg















1. Pilot Of The Airwaves
2. Falling
3. Sad Old World
4. Where To Now
5. Sleepless
6. Fear Of Flying
7. Wise Owl
8. Hula Valley
9. Pickin Apples
10. Sweetheart


80年に「涙のリクエスト」(もちろんチェッカーズのあれとは同名異曲)が全米13位のヒットとなった英シンガーのチャーリー・ドア。先日、涙の~」を含む79年のファーストアルバムをユニオンで700円にて見かけ聴いてみることに・・・

彼女に関する事前情報はほとんどなかったんですが、ジャケもいい感じだったし700円だったらハズレてもいいかな~ なんて感じで大して期待もしてなかったんですが、これがAORテイスト漂うなかなかの出来で、ラッキーな買物となりました。

ロンドン出身の彼女ではありますが、英国的な憂いみたいなものはほとんどなくて、からっとしたアメリカンな、程よく洗練されたSSW風ポップアルバムに。一部楽曲(⑧⑨あたりかな?)ではナッシュビルで録音されたようで、ほのかにカントリーテイストも・・・

ポップ&キャッチーな前述の①「涙のリクエスト」が出色ではありますが、フリーソウル的な趣もある②、マンドリンが良いアクセントになっているアップテンポな④、フォーキー&ポップな⑥、リズミカル&ファンキーな⑨などなかなかな佳曲揃い。

全曲を手掛ける(⑦⑨は共作)彼女のコンポーズ能力も侮れないものがあるし、ジョニ・ミッチェルやケイト・ブッシュを思い起こすところもある彼女のヴォーカルも、決して上手くはないし不安定感は否めないもののなかなか魅力的。

世間的には「涙のリクエスト」だけの一発屋との認識が高いようですが、いやいや、なかなかの実力派だと思いますよ。
[PR]
by shintan_shintan | 2010-05-09 00:00 | 70s (77~79)