BILL NELSON'S RED NOISE 「SOUND-ON-SOUND」 (1979年)


b0164199_2212221.jpg













1. Don't Touch Me (I'm Electric)
2. For Young Moderns
3. Stop/Go/Stop
4. Furniture Music
5. Radar In My Heart
6. Stay Young
7. Out Of Touch
8. Better Home In The Phantom Zone
9. Substitute Flesh
10. Atom Age
11. Art/Empire/Industry
12. Revolt Into Style

ニューウェーブ特集の最後は、74年にデビューしたモダンポップ/パワーポップなバンド、ビー・バップ・デラックスの中心人物ビル・ネルソンがレッド・ノイズ名義でリリースした唯一作。

ビー・バップ~は聴いたことがないんで音楽性の変遷云々はわかりませんが、これはほんと素晴らしくて、僕のなかでのNW系アルバムで3指に入るほどのお気に入り。
多少のサポートはあるものの、ビル・ネルソンがドラム、ギター、ベース、キーボードなどを自らこなし多重録音で制作されたアルバムではありますが、聴こえてくるのは非常にバンド的な音で勢いやグルーブブを感じますね。。

ミュージシャンとしてのキャリアや実績充分なだけに、ソングライティングやアレンジなどに安定感がありますね。とはいえフリーキーさも充分。素晴らしいです。
[PR]
by shintan_shintan | 2010-05-23 00:00 | 70s (77~79)