PEGGY LIPTON (1969年)


a0161208_1493956.jpg












SIDE A
1. Let Me Pass By
2. Natural Woman
3. Memories Of A Golden Weekend
4. San Francisco Glide
5. Stoney End
6. Who Needs It

SIDE B
1. Hands Off the Man (Flim Flam Man)
2. It Might As Well Rain Until September
3. Wasn't It You?
4. Lady Of the Lake
5. Honey Won't Let Me



昨日記事にしたボビー・ウィットロックに引き続き、本日もCD化が熱望されている音盤のご紹介。

紅茶で有名なりプトン家のお嬢様で、クインシー・ジョーンズの元奥様、女優として今でも活躍しているペギー・リプトンが69年にオードレーベルよりリリースした唯一のアルバム。その美しいジャケのみならず、内容的にも評価の高い人気の一枚ですね

60年代後半の女優物に多い、ストリングスをフィーチャーしたドリーミーなソフロ仕立てではあるんですが、ハル・ブレイン(Dr)、ジョー・オズボーン(B)、ラリー・ネクテル(Key)や、ジム・ゴードン(Dr)、チャールズ・ラーキー(B)らがバックアップしたサウンドはなかなか本格的。
また、A② A⑥ B② B③ B④とキャロル・キングの楽曲を5曲、A⑤ B①はローラ・ニーロのカバーということで、SSW的な風情も感じられて、このあたりも人気の一因かな。

で、残る4曲は(ストリングスアレンジの小曲A③は、A④のイントロダクション風なので実質的には3曲ですが・・・)なんとペギー・リプトンの自作曲!
これが凄い良い出来でして、女優業の片手間(失礼!)に書いたとは思えないほどの本格派。
まぁ、ローラ・ニーロからの影響が見え見えではありますが、意外にソングライターとしても食べていけたんじゃないかと思ってしまいました。

というわけで、曲良し、プロダクション良し、ルックス良し、そして彼女のヴォーカルもお見事という名盤。ほんとCD化されないかな~
[PR]
by shintan_shintan | 2010-02-28 00:30 | 60s ROCK