JOHN HARTFORD 「MORNING BUGLE」 (1972年)


b0079504_21583325.jpg













1. Streetcar
2. Nobody Eats At Linebaugh's Anymore
3. Howard Hughes' Blues
4. All Fall Down
5. On The Road
6. Morning Bugle
7. Old Joe Clark
8. My Rag
9. Late Last Night When My Willie Came Home
10. Got No Place To Go
11. Bye-Bye


ジョン・ハートフォードの71年作「AERO-PLAIN」は以前に記事にしましたが、彼がワーナーに残したもう1枚のアルバムもずっと探しておりまして、最近ようやく入手することができました。こちらも「AERO~」同様にブックオフで500円でした!

というわけで、ジョン・サイモンのプロデュースにてウッドストックで録音された72年リリースの「MORNING BUGLE」ですが、これもまた素晴らしいSSWアルバムですね~
カントリー/ブルーグラスを基調としながらも、柔軟な発想を詰め込んだサウンドは「AERO~」と同じですが、多少とっ散らかり気味だった前作に比べると、こちらのほうがトータル感があるかな・・・

「AERO~」ではギター、ドブロ、フィドル、ベースでナッシュビルの実力派ミュージシャンを起用し、5人編成で録音されておりましたが、今作でのサポートはギターのノーマン・ブレイクと、ベースのデイヴ・ホランドのみ。
楽器構成はシンプルになっているものの、アンサンブルとしての弱さはまったく感じませんし、逆に前作以上に重厚になっている気さえします。
これはデイヴ・ホランドによるところが大きいのかな・・・ 彼のベースがに厚みや安定感、そしてグルーブ感ををもたらしていて、ジャズ畑とは思えない素晴らしいプレイが全編で聴けます。

もちろんハートフォードのマルチプレーヤーぶりや、アイデアは相変わらずクリエティビティーだし、ジョン・サイモンによるプロデュースワークによる貢献も想像に難くないです。



JOHN HARTFORD (Vocals, Guitar, Banjo, Violin)
NORMAN BLAKE (Guitar, Mandolin)
DAVE HOLLAND (Bass)

Produce By JOHN SIMON
Recorded At BEARSVILLE STUDIO
[PR]
by shintan_shintan | 2010-03-18 00:30 | SSW