DEENA WEBSTER 「TUESDAY'S CHILD」 紙ジャケ (1968年)


b0079504_21544260.jpg














1. Hurry, Tuesday Child 
2. Hair Of Spun Gold 
3. New York Mining Disaster, 1941 
4. Geordie 
5. Just Like Tom Thumb's Blues 
6. The House Of The Rising Sun 
7. Who Will Buy 
8. The Flower Lady 
9. Summer Day Reflection Song 
10. Colours 
11. Tangles Of My Mind 
12. The Last Thing On My Mind 



英国のフォーク/ポップスシンガー、ディーナ・ウェブスターが68年にリリースした唯一作です。
これもジャケ買いでして、女優としても活動していた当時19歳の彼女の、どことなく憂いのある表情に惹かれまして・・・

アナログ各面の冒頭にあたる①⑦こそストリングスを導入したややジャジーなポップス路線ですが、それ以外はアコギとウッドベース、時々鍵盤類というシンプルな弾き語り系。

④⑥というトラディショナルを除き全曲がカバーで、ジャニス・イアン②⑪、ディラン⑤、ビージーズ③、フィル・オクス⑧、トム・バクストン⑫とアメリカンなセレクト(⑨⑩はドノヴァンですが・・)ではありますが、カラっとした感じはあまりなくて、英国フォークの翳りのようなものが全体的に感じられるかな。

全体的には地味な感じは否めませんが、ディーナ嬢の凛としたソプラノ寄りのヴォーカルは決してお上手ではないものの、聴き進めるうちにクセになる魅了を感じますね。メリー・ホプキンなどのフィメール・ヴォーカルがお好きな方なら買って損はないかと・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2010-03-29 00:30 | 60s ROCK