DAVE MASON 「DAVE MASON」 紙ジャケ (1974年)


a0161208_226357.jpg















1. Show Me Some Affection
2. Get Ahold on Love
3. Every Woman
4. It Can't Make Any Difference to Me
5. All Along the Watchtower
6. Bring It on Home to Me
7. Harmony & Melody
8. Relation Ships
9. You Can't Take It When You Go


デイヴ・メイスン第2弾はセルフタイトルで74年にリリースされた6枚目。これもまた非常に評価の高い作品ですよね~

今作では、昨日記事にした前作のような豪華な客演はなくて、マイク・フィニガン(Key)やジム・クリューガー(G)、ボブ・グローブ(B)など自身のバンドのメンバーが全面参加。とはいえ、地味なところもなく前作に勝るとも劣らない演奏が堪能できます。

音楽的には、相変わらずボキャブラリーの多さを感じさせてくれるアメリカンロックで、爽快な西海岸風の①、前作にも収録されていた代表曲をカントリータッチに再録した③、ソウルフル&ファンキーな④、ディランの⑤、オールドタイミーに仕上げたサム・クックの⑥、グルーヴィーな⑨などなど・・・ ソングライティング能力の高さも前作同様に素晴らしいです。

全体的には前作に比べてややソフティケイトかつ洗練された気もしますが、熱いギタープレイは随所で聴けますし、メイスンの哀感あるソウルフルなヴォーカルも魅力的。いい出来です。
[PR]
by shintan_shintan | 2010-04-16 00:00 | 70s (73~76)