2010年の振り返り

今年も残すところ一週間ちょとですね~

昨年11月に一度ブログを休止。その後本年2月に別ブログを立ち上げるものの、結局そちらも休止して6月に本ブログを再開(ちなみに1~5月の記事は別ブログからの移植です)と、色々とブレまくった2010年。

最近は紙ジャケ熱も下がったし、心底欲しい音盤も減ってるんでCD購入枚数もだいぶ減ってきたと思っておりましたが、計算してみたら本日時点で389枚、金額にして37万強。いやぁ、何だかんだで買ってますね~ まぁ、売却枚数も306枚(ちなみに売却金額総計は18万弱)ほどはあるんで純増数はそれほどでもありませんが・・・

で、本日は年末ということで恒例の今年のベスト10。まずは今年発売された新規リイシュー部門です。


・BOOKER T. 「EVERGREEN」紙ジャケ (1974年)

・DAVE MASON 紙ジャケ

・LINDA RONSTADT 紙ジャケ

・JIMI HENDRIX 「VALLEYS OF NEPTUNE」(2010年)

・GORDON WALLER 「...AND GORDON」 (1972年)

・RON DAVIES 「I DON'T BELIEVE IT」 (1978年)

・COUNTRY (1971年)

・TENNENT & MORRISON (1972年)

・JOSE FELICIANO 「COMPARTMENTS」 (1973年)

・STEVIE WOODS 「TAKE ME TO YOUR HEAVEN」 (1981年)


今年は個人的には豊作の年でしたね。デイブ・メイスンやリンダは念願の紙ジャケということでランクイン。ジミヘンの未発表曲集もそのクオリティーの高さで文句なし。トム・ウェイツ紙ジャケ、フェイセズ紙ジャケは次点ということで・・・

また、今年は韓国BIG PINKからのリイシューが素晴らしかったですね~ 僕のランキングでもロン・デイヴィス、カントリー、テネント&モリソンの3枚が入っておりますが、これ以外にもゲイリー・セント・クレアブーンドッグル&バルダーダッシュバルダーダッシュ、ヴァーノン・レイ、スミス・ビンソンなどスワンプ系の素晴らしいアルバムがリリースされてますし、このレーベルには来年も大いに期待です。


一転、発掘/レア系に関してはなかなか寂しい年だったかも・・・

ブックオフなどで相場よりだいぶ安く入手できたものや、素晴らしい内容のものをユニオンで3桁プライスで入手できたりってのは数多くありますが、店頭で見かけて小躍りしそうになったのは下記の3枚くらいかな。

・THOMAS JEFFERSON KAYE 「SAME/FIRST GRADE」(1973-1974年)

・BOBBY WHITLOCK 「ROCK YOUR SOX OFF」 (1976年)

・JOHN HARTFORD 「MORNING BUGLE」 (1972年)

詳しくはリンクした記事をご参照いただくとして、この3枚は今後も永遠に聴き続けていくだろう素晴らしい内容。ボビー・ウィットロックはちょい高めでしたが他の2枚は激安で入手できたってのも大きなポイントですね。


というわけで、これが本年最後の記事。
ちょっと早いですが、皆様、メリー・クリスマス&よいお年を!
[PR]
by shintan_shintan | 2010-12-23 10:17 | 全般