VARIOUS ARTISTS 「NO NUKES」 (1979年)

今日はディスクユニオンの新店、立川店に行ってきました。
オープン初日の昨日に大挙したからか、天気が悪かったからか、立川という立地からか分かりませんが、僕が行った13時過ぎはけっこう空いてましたね~

新規オープンとはいえ、実際は国分寺店が移転したようなもんですから、同じような感じのオールジャンルを広く浅くな取り扱いですね。店自体は国立よりだいぶ手狭になってるので、おのずと商品数も少なく中古ショップとしてはちょっと厳しいかな・・・家から比較的近くではありますが、わざわざ行かない気も・・・ 本日は手ぶらで帰ってくるのもなんなんで、ご祝儀祝いがてら1枚だけ購入です。


b0079504_15173420.jpg














(DISC 1)
1. Dependin' On You (THE DOOBIE BROTHERS)
2. Runaway (BONNIE RAITT)
3. Angel From Montgomery (BONNIE RAITT)
4. Plutonium Is Forever (JOHN HALL)
5. Power (THE DOOBIE BROTHERS WITH JOHN HALL & JAMES TAYLOR)
6. The Times They Are A-Changin' (JAMES TAYLOR, CARLY SIMON & GRAHAM NASH)
7. Cathedral (GRAHAM NASH)
8. The Crow On The Cradle (JACKSON BROWNE & GRAHAM NASH)
9. Before The Deluge (JACKSON BROWNE)
10. Lotta Love (NICOLETTE LARSON & THE DOOBIE BROTHERS)
11. Little Sister (RY COODER)
12. A Woman (SWEET HONEY IN THE ROCK)
13. We Almost Lost Detroit (GIL SCOTT-HERON)
14. Get Together (JESSE COLIN YOUNG)

(DISC 2)
1. You Can't Change That (RAYDIO)
2. Once You Get Started (CHAKA KHAN)
3. Captain Jim's Drunken Dream (JAMES TAYLOR)
4. Honey Don't Leave L.A. (JAMES TAYLOR)
5. Mockingbird (JAMES TAYLOR & CARLY SIMON)
6. Heart Of The Night (POCO)
7. Cry To Me (TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS)
8. Stay (BRUCE SPRINGSTEEN, JACKSON BROWNE & THE E STREET BAND)
9. Devil With The Blue Dress Medley (BRUCE SPRINGSTEEN & THE E STREET BAND)
10. You Don't Have To Cry (CROSBY, STILLS & NASH)
11. Long Time Gone (CROSBY, STILLS & NASH)
12. Teach Your Children (CROSBY, STILLS & NASH)
13. Takin' It To The Streets (THE DOOBIE BROTHERS & JAMES TAYLOR)


長いので割愛しましたが、アルバムの正式タイトルは「NO NUKES From The MUSE Concert For A Non-Nuclear Future」でMUSEは「Musician United For Safe Energy」の略。米スリーマイル島79年3月の原発事故を受けて、同年9月に行われた反原発をテーマにしたマディソン・スクエア・ガーデンでのイベントを収めたライブアルバムです。

こんな時期にこのようなアルバムの紹介ですが、他意はありませんので・・・
現実として、原発による強大なエネルギーの恩恵でもって今まで普通に生活できていたわけですから、僕個人としては簡単に「原発反対」とは言いきれなかったりしますが、それでも福島の現状や東電の対応に憤りは感じます。一日でも早く収束してみんなが以前と同じような生活が送れる日が来てほしいですね。

で、話をアルバムに戻しますが、こういったライブアルバムがあるのは知ってましたが、スリーマイル島の事故を受けてってのは最近まで知らなかったんですよね。
参加メンツも、西海岸のミュージシャンを中心とした豪華な面々。音からは「反原発」といったシリアスなところはあまり感じない、爽やかでレイドバックした感じですが、コラボレーションも多く貴重な記録ではないでしょうか。ドゥービーをバックにした二コレット・ラーソンやスプリングスティーンとジャクソン・ブラウンのコラボなど聴きどころ多いですよ~
[PR]
by shintan_shintan | 2011-04-23 16:14 | 70s (77~79)