HUEY LEWIS & THE NEWS / SPORTS

b0079504_1450690.jpg


83年発表のヒューイ・ルイスの大出世作。
データ的な説明をすると、このアルバムはヒューイ・ルイスの3枚目で、4曲のベスト10ヒット(①②④⑦)を生み出し、アルバムも全米1位に。1984年の年間アルバムチャートでも2位(1位はマイケルジャクソンのスリラー)なったという大ヒット作。

中学生当時の僕の音楽情報源はミュージックライフ(雑誌)、ベストヒットUSA(TV)、ダイアトーンポップスベスト10(FM)が主だったんですが、ヒューイ・ルイスの曲はTVやラジオでよく流れていましたね。アルバムもカセットで持ってたんですが、ラジオやテレビで聴いていた印象のほうが強いかな。最近ふと懐かしくなって、昨日行ったセール中のブックオフで国内盤を150円で購入しました。

20年以上たってあらためて聴いてみると、シンセの使い方や音色が80‘sぽっさを感じさせるものの、音的には王道なアメリカンロックンロールで、普遍的な良さがありますね メロウな⑦なんか大好きです。アルバムとしての出来もいいんで、今聴いても全然楽しめますが、やっぱりヒット曲の印象が強いかな。

ヒューイ・ルイスはこの後、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの主題歌「Power Of Love」で全米1位を獲得し、次のアルバム「FORE!」も当然1位に。シングルヒットも量産し、黄金期を築くことになるわけですが、僕の中でのヒューイ・ルイス&ザ・ニュースはこのアルバムで始まって、このアルバムで終わるといった感じです。これ以降はまったく興味がわかないんですよね。

1. Heart Of Rock & Roll
2. Heart And Soul
3. Bad Is Bad
4. I Want A New Drug
5. Walking On A Thin Line
6. Finally Found A Home
7. If This Is It
8. You Crack Me Up
9. Honky Tonk Blues
[PR]
by shintan_shintan | 2006-05-21 14:51 | 80s ROCK