THE KNACK / GET THE KNACK

b0079504_1545948.jpg


「ナック? マイシャローナは知ってるけど、一発屋だよね」
多くの人がこのバンドに対して、こんなイメージを持っているんじゃないでしょうか。
僕も同じでした。ただ、ネットでいろいろと調べてみると、バンドの音楽性自体はすばらしく、アルバムもかなり出来が良いという意見をよく目にしていたので、機会があればアルバム単位で聴いてみたいなとは思ってたんですよね。

そんなおり、2002年にでたリマスター輸入盤の中古がユニオンで945円で売ってたので手にしてみました。ちなみ現行の日本盤は旧マスターのままです。

このアルバムは1979年に発表された彼らのファーストアルバムなんですが、キャッチーなメロディのパワーポップでかなり良いできです。
LAのバンドながら、ビートルズやラズベリーズ、フーなどのブリティッシュバンドからの影響を感じさせる、明るくも切ないメロディが満載。演奏も上手いですよ。わかりやすく言うとチープトリックみたいな音です。
全12曲のうち、一番キャッチーでなくハードなのが、一発屋の烙印を押される原因となった大ヒット曲「My Sharona」。アルバム全体の流れから考えると異質なこの曲が、代表曲だと思われてしまうんですから、バンド側も戸惑ったんじゃないですかねぇ。この曲がヒットしなければもしかしたらバンド自体、もっと正当な評価をされていたかもしれません。

ポップなロックンロール、ブリティッシュポップ好きな方にはオススメですので、ぜひリマスター盤で聴いてみて下さい。



1.Let Me Out
2.Your Number Or Your Name
3.Oh Tara
4.(She's So) Selfish
5.Maybe Tonight
6.Good Girls Don't
7.My Sharona
8.Heartbeat
9.Siamese Twins (The Monkey And Me)
10.Lucinda
11.That's What The Little Girls Do
12.Frustrated

<BONUS>
13.Don't Look Back(Unreleased)
14.That's What The Little Girls Do (Demo)
15.Maybe Tonight (Rehearsal)
16.I Knew The Bride (Unreleased)
17.My Sharona (Demo)
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-03 15:33 | 70s (77~79)