SANTANA / MOONFLOWER 紙ジャケ

b0079504_1572219.jpg

僕の好きなサンタナのジャケットベスト3には間違いなくはいる「MOONFLOWER」。
日本人写真家、白川義員氏の幻想的且つ神々しい雲海の写真をジャケットに使った77年発表の2枚組みです。
b0079504_1573737.jpg

前作「FESTIVAL」発表後のツアーからのライブ音源8曲(DISC1②③④⑧⑨⑩、DISC2③⑥)とスタジオ録音の8曲(DISC1①⑤⑥⑦、DISC2①②④⑤)を交互にエディットした作品で、中期サンタナの代表作として挙げられる事も多いですね。

スタジオ作ではAMIGOS~FESTIVALの流れを汲んだリズミカルで耳あたりの良い曲が中心になっていますが、その中でもアフロ的で重厚な雰囲気のDISC1⑥⑦、DISC2④が凄いです。これらスタジオの曲ではチュピートの代わりにピート・エスコベード(シーラEのお父さん)が参加してるんですよね。泣きメロのタイトル曲もいいですね。

「FESTIVAL」制作時からメンバーを大幅に入れ替えて収録されたライブの8曲に関しては、その荒々しくも勢いのあるファンキーな演奏がめちゃくちゃかっこいいですね。DISC1②~④のメドレーは「FESTIVAL」のスタジオヴァージョンより全然良いですからね。これだけでやられちゃいました!熱いライブが聴けますよ。

今回第2弾で発売された5タイトルの中で、唯一リマスター盤が既発されていたこのアルバム。2003年リマスターのプラケ盤と聴き比べてみましたが、やはり今回の最新リマスターのほうが音圧があり、低音部の迫力や高音部のきらびやかな部分も向上してるように感じました。ただ、既存のリマスターも悪い音じゃないですよ。

<DISC 1>
1.Dawn/Go Within
2.Carnaval
3.Let The Children Play
4.Jugando
5.I'll Be Waiting
6.Zulu
7.Bahia
8.Black Magic Woman/Gypsy Queen
9.Dance Sister Dance (Baila Mi Hermana)
10.Europa (Earth's Cry Heaven's Smile)

<DISC 2>
1.She's Not There
2.Flor d'Luna (Moonflower)
3.Soul Sacrifice/Head, Hands & Feet
4.Morocco
5.Transcendance
6.Savor/Toussaint l'Overture

7.Black Magic Woman [Single Version] (BONUS)
8.I'll Be Waiting [Single Version] (BONUS)
9.She's Not There [Single Version] (BONUS)
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-11 15:12 | 70s (77~79)