森高千里 / DO THE BEST

b0079504_14135779.jpg

今日は代休をとってお休み。午前中に車用の、夏っぽい曲を集めたオリジナルCDを作ってました。手持ちの音源で色々と収録するリストを考えてたんですが、どうしても入れたかったのが森高の「夏の日」。カセットしか持ってないので、音源入手のためにオフに向かいました。で、購入したのがこのベスト。250円でした。

このベストは95年に発表されたもので、93~95年に発表されたシングル曲を中心として、時系列にセレクトされてます。僕自身、特に熱心な森高ファンてわけじゃなかったんですが、聴いてみてビックリしたのは新曲の⑮と⑬以外全部知ってたこと。ほとんどの曲がCMや番組のタイアップ曲ということもあって自然に刷り込まれてたみたいですね。
93年発表の④ぐらいから、本格的に詞を書いたりドラムを叩くようになり、初期のキワモノっぽいアイドル路線からアーティストへと変貌を遂げていったと思うんですが、この頃はいい曲が多いですね。全曲楽しめますが④⑧⑪なんかの旅情をかきたてられるフォークロック調の曲が特に好きです。いやあこれで250円は安いでしょう!

ちなみに、森高の全盛期を支えたのが、多くの曲で作曲、アレンジ、ドラム以外の演奏を担当してる斉藤英夫。森高を手がける前はハード系のギターを弾く(男○呼組とか)バリバリのスタジオミュージシャン(ギタリスト)だったんで、「私がオバさんになっても」が流行ってた頃にクレジットで彼の名前を見た時にはビックリした記憶がありましたね。打ち込み系のポップスでしたから。


1.ロックンロール県庁所在地’95
2.雨
3.私がオバさんになっても(Album Version)
4.渡良瀬橋
5.私の夏
6.ハエ男(Single Version)
7.メモリーズ(Single Version)
8.風に吹かれて
9.ロックン・オムレツ
10.気分爽快
11.夏の日
12.素敵な誕生日
13.私の大事な人(Single Version)
14.二人は恋人(Re-mix)
15.今日から



ちなみに冒頭で述べた自作コンピはこんな内容です↓

【SUMMER SONGS ~Japanese~】
1.Loveland Island (山下達郎)
2.カナリア諸島にて (大瀧詠一)
3.夏の日 (森高千里)
4.夏の午後 (大浦龍宇一)
5.夏のクラクション (稲垣潤一)
6.夏が来て僕等 (真島昌利)
7.小麦色のマーメード (松田聖子)
8.真夏の果実 (サザンオールスターズ)
9.夏色 (ゆず)
10.夏祭り (ジッタリン ジン)
11.サマーヌード (真心ブラザーズ)
12.夢伝説 (スターダスト レヴュー)
13.夏なんです (はっぴいえんど)
14.潮騒 (山下達郎)

スタレビの夢伝説とかは、特に夏っぽい歌詞ではないんですけど、曲が爽やかなのと、カルピスのCMのイメージが強くて僕にとっては「夏」をイメージしちゃうんですよね。
[PR]
by shintan_shintan | 2006-06-13 14:31 | JAPANESE