EMMYLOU HARRIS リマスター盤3枚

b0079504_23594892.jpg


カントリー/フォークシンガーとして今も現役のエミルー・ハリス。
初めて彼女の歌を聴いたのはデュエットパートナーして参加したグラム・パーソンズのアルバムだったと思います。その後にバンドの「ラスト・ワルツ」でも見たんですが、澄んでて爽やかな歌声だなとの印象はもったもののアルバムを聴くまでにはいたりませんでした。
その後、色々とアメリカ南部~西部の音楽を聴くようになってからはいつも気になってたんですよね。今回2004年にリリースされたリマスター盤をまとめて購入してみました。

写真左から
ELITE HOTEL (1975年リリースの2nd) 
LUXURY LINER (1977年リリースの3rd)
QUARTER MOON IN A TEN CENT TOWN (1978年リリースの4th)

60年代後半にデビューしたものの泣かず飛ばずだった彼女。70年代になってからグラム・パーソンズに見出され、彼のソロアルバムに参加するようになり一躍注目を浴びるようになりました。73年にグラムが亡くなり、彼の意思を継ぐべくカントリーテイスト溢れるアルバムで75年にソロとして再デビュー。アルバムによってトラッド寄り、ロック寄りと幾分かの振幅はあるものの一貫してフォーク、カントリー、ブルーグラス、ロックンロールを溶け合わせたようなアメリカンミュージックを聴かせてくれます。
彼女の名前は知らなくても「ELITE HOTEL」の2曲目「Together Again」はホンダ・シビックのCMに使われてましたんで皆さん聴いたことあると思いますよ。

とにかく歌声が素敵なんで、皆さんも機会があったらぜひ聴いてみてください。


【ELITE HOTEL】
1.Amarillo
2.Together Again
3.Feelin’ Single-Seein’ Double
4.Sin City
5.One Of These Days
6.Till I Gain Control Again
7.Here, There And Everywhere
8.Ooh Las Vegas
9.Sweet Dreams
10.Jambalaya
11.Satan’s Jewel Crown
12.Wheels feat Jonathan Edwards
13.You’re Running Wild (Bonus)
14.Cajun Born (Bonus)

【LUXURY LINER】
1.Luxury Liner
2.Pancho & Lefty
3.Making Believe You’re Supposed To Be Feeling Good
4.I’ll Be Your San Antone Rose
5.(You Never Can Tell) C’est La Vie
6.When I Stop Dreaming
7.Hello Stranger feat Nicolette Larson
8.She
9.Tulsa Queen
10.Me And Willie (Bonus)
11.Night Flyer (Bonus)

【QUARTER MOON IN A TEN CENT TOWN】
1.Easy From Now On
2.Two More Bottles Of Wine
3.To Daddy
4.My Songbird
5.Leaving Louisiana In The Broad Daylight
6.Defying Gravity
7.I Ain't Living Long Like This
8.One Paper Kid
9.Green Rolling Hills
10.Burn That Candle
11.New Cut Road (Bonus)
12.LaCassine Special (Bonus)


購入日:7/2
購入場所:HMV通販
購入金額:各¥1,378
備考:輸入盤
[PR]
by shintan_shintan | 2006-07-10 00:01 | COUNTRY ROCK