PETER IVERS / TERMINAL LOVE

b0079504_2138551.jpg


ハーヴァード大学出身で、リトル・ウォルターのバンドから音楽キャリアをスタートさせたSSW/ハープ奏者のピーター・アイヴァース。今日紹介する74年リリースのファーストソロは、アシッドフォークの世界では人気の名盤らしく、2001年に「名盤探検隊シリーズ」で世界初CD化されましたが、現在は廃盤ということもあって、ヤフオクでもプレ値で取引されてますね。

ブルースをベースにした前衛的な曲作りと、個性的な歌声の「変態系アーティスト」ということで、変態好きの僕としても、大分前から気になってたんですが、仕事中に立ち寄った新橋の小さなCD/ビデオチェーン店で新品を購入することができました。しかも定価の1割引で。

内容はと言えば、ブルースベースの曲とアシッドフォーク的な曲が同居する感じです。
期待しすぎてたって事もありますが、曲自体は思ったより普通です。同じブルースベースであればビーフハートやザッパのほうが数倍ぶっ飛んでますし、バックの演奏もおとなしめかな。このアルバムで個人的に大好きなのがワウファズをかましたギターがカッコイイ、ハードな⑧。この路線で突っ走って欲しかったなー。アイヴァースの声自体は噂どおりの奇天烈な感じで、その甲高いファルセットっぽい声は確かに印象的で頭に残りますね。

アイヴァース自身、かなり変わった、とんがった性格だったらしく、音楽番組のパーソナリティをしてたときは、出演バンドをこきおろしていたらしいですし、政治運動にも関わっていたらしいです。結局83年に謎の死(撲殺らしいですが未だに死因は公表されていません)を遂げてしまいます。
このアルバム、ノイズやアバンギャルドには抵抗があるけど、ちょっと変わった音楽も聴いてみたいという方にはオススメかもしれません。


1. Alpha Centauri
2. Sweet Enemy
3. Terminal Love
4. My Grandmother's Funeral
5. Modern Times
6. Deborah
7. Go Girl
8. Audience Of One
9. Felladaodio
10. Holding The Cobra
11. Even Stephen Foster


購入日:9/10
購入場所:ピュアサウンド新橋店
購入金額:¥1,890 (定価2,100円)
備考:新品未開封
お気に入り度:★★★
----------------------------------------------
お気に入り度
★★★★★ 素晴らしい! 生涯聴き続けます
★★★★ 良いですよ 買ってよかった
★★★ まぁまぁですね ちょくちょく聴くかな
★★ う~ん あんまり聴かないかも
★ イマイチ 売っちゃうかも・・・
[PR]
by shintan_shintan | 2006-09-22 21:38 | SSW