CACTUS / CACTUS (紙ジャケ)

b0079504_19281138.jpg


ヴァニラ・ファッジで名を馳せ、最強のリズム隊といわれたティム・ボガート(B)とカーマイン・アピス。ジェフ・ベック、ロッド・スチュアートとのスーパーバンドの結成が、ベックの交通事故により反故となったあとに、ジム・マッカーティー(G)、ラスティー・デイ(Vo,Harp)と結成したのが、カクタス。10/21に初期の5枚が新規リマスターで紙ジャケリリースされ、ユニオンの特典もあって、当初は全買い予定でしたが、予算の兼ね合いでプラケで所有している1stと未聴の2ndだけ購入しました。

今日紹介するのは70年リリースのデビューアルバム。ブルースベースのヘヴィーロックを聴かせてくれる彼らですが、そのはっちゃけた演奏が凄いです!1発録りのようなラフな演奏なんですが、曲の構成とキメ以外はアンサンブルなどほとんど考えてないかのように、各メンバーがはじけまくってますね。バックの3人に負けじとラスティー・デイもシャウトしまくりです。

ハードロックバンドとしてとらえられることもあるカクタスですが、ハードな①④⑤⑧以外にもアコースティックなバラードの②や、カントリー&ブルース的な③、スローブルースの⑥、ブギーな⑦などがあり、アメリカンハードのひと言でくくれない多様な音楽性をもってますね。正直なところ勢いまかせで、ラフな部分も感じますが、挨拶代わりのデビューアルバムとしては充分すぎるほどの勢いを感じます。

明日は、よりヘヴィーでタイトになったセカンドアルバムを紹介予定です。


1. Parchman Farm
2. My Lady From South Of Detroit
3. Bro. Bill
4. You Can't Judge A Book By The Cover
5. Let Me Swim
6. No Need To Worry
7. Oleo
8. Feel So Good


購入日:10/21
購入場所:ディスクユニオン国立店
購入金額:¥2,625
備考:国内盤新品 紙ジャケ
お気に入り度:★★★☆
[PR]
by shintan_shintan | 2006-10-22 19:29 | 70s (70~72)