MARY HOPKIN / THOSE WERE THE DAYS (紙ジャケ)

b0079504_21535523.jpg


風も冷たくなってきて、東京もようやく秋が深まってきた感じですが、そんな11月のこの時期になると毎年よく聴くアルバムが2枚あります。1枚はサンディ・デニーの「海と私のねじれたキャンドル」、もう1枚は今日紹介する「ベスト・オブ・メリー・ホプキン」。

メリー・ホプキンに関しては、シングル中心に選曲されたこのベストしか持っていないんですが、何故か晩秋になるとブリティッシュフォーク/トラッドが聴きたくなるんですよね。そろそろそんな気分になってきた先週の連休最終日にこの紙ジャケを発見。昨年リリースされた当時は所有しているプラケ盤と同一マスターってこともあって購入にはいたらなかったんですが1,260円の2割引なら買いでしょう!

ただちょっと迷ったのが「インサートなし」の記載。割引券を使えばさらに安く購入できるし、解説がなくてもいいやって事で購入したんですが、帰宅後に開封してみたところ解説&歌詞カードが入ってたのはラッキーでした。何が抜けてたんでしょうか?本来はブックレットかポスターか内袋が入ってたんでしょうか? まぁ、完品でないとはいえ、この値段なら全然問題ありませんね。良い買い物でした。


1. Those Were The Days
2. Goodbye
3. Temma Harbour
4. Think About Your Children
5. Knock Knock Who's There
6. Que Sera, Sera (Whatever Will Be, Will Be)
7. Lontano Degli Occhi
8. Sparrow
9. Heritage
10. Fields Of St. Etienne
11. Jefferson
12. Lew My Name Be Sorrow
13. Kew Gardens
14. When I Am Old One Day
15. Silver Birch And Weeping Willow
16. Streets Of London
17. Water, Paper And Clay


購入日:11/5
購入場所:ディスクユニオン国立店
購入金額:¥808(¥1,260の2割引 さらに割引券200円分を使用)
備考:国内盤 紙ジャケ 中古 ※インサートなし
お気に入り度:★★★★
[PR]
by shintan_shintan | 2006-11-07 21:54 | 60s ROCK