ALICE COOPER / WELCOME TO MY NIGHTMARE

b0079504_22562661.jpg



近所のブックオフが750円以下のCD半額のセールをやっており、ゲットしてきたのが、バンド「アリス・クーパー」解散後に、ヴォーカルのアリス・クーパーが初ソロとして75年にリリースした8枚目のアルバム。同名のTV番組のサントラとしてリリースされたコンセプト・アルバムで、プロデュースはKISS「地獄の軍団」で名をあげ、後にピンク・フロイドの「ウォール」を手掛けるボブ・エズリン。

アリス・クーパーは「I'm Eighteen」と「No More Mr. Nice Guy」の2曲しか知らなかったんですが、その2曲も各々アンスラックス、メガデスのカバーだったんで、彼の歌声を聴くのは今回が初めてでした。その2曲のイメージで、KISSやエアロのような結構ポップなアメリカン・ハードロックを演ってるもんだと思ってましたが、実際に聴いてみると、キャッチーではあるものの、そんなにハードではなく、プログレッシブな展開がカッコイイ曲が多いです。

アナログA面にあたる前半5曲が素晴らしいんですが、特に冒頭の3曲は最高です。ピンクフロイドをほうふつさせる、エフェクトを利かせたギターカッティングが印象的な①。②③のメドレーはハードなギターリフながらキャッチーなサビをもってる曲で、アリスの語りをはさんでの曲の繋ぎは抜群にカッコイイです。それ以外にも全米12位のヒットとなったバラードの⑤や、ポップなロックンロールの⑥⑦⑪などがいいですね。

メイクをほどこしたルックスや、派手でショッキングなステージパフォーマンスなどから聴かず嫌いな人も多そうですが、ハードなギターサウンドだけではなく、キーボードやブラスを使ったサウンドは非常にクオリティが高いです。欧米ではグラムロッカーとして認知されてるみたいですが、確かにHR/HMのひと言でくくってしまえない多彩さがありますね。


1. Welcome To My Nightmare
2. Devil's Food
3. Black Widow
4. Some Folks
5. Only Women Bleed
6. Department Of Youth
7. Cold Ethyl
8. Years Ago
9. Steven
10. Awakening
11. Escape


購入日:11/11
購入場所:ブックオフ東村山店
購入金額:¥375
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2006-11-14 22:55 | HARD ROCK