KATE TAYLOR / KATE TAYLOR (紙ジャケ)

b0079504_2263029.jpg


ジェームス、リヴィングストン、ケイトのテイラーファミリーのアルバムが紙ジャケリリースされましたね。ケイトの弟にあたるリヴィングストン・テイラーのアルバムは先日紹介しましたが、ケイト・テイラーは聴いたことがなかったので、今回購入してみました。

71年にアトランティックよりピーター・アッシャーのプロデュースでデビューアルバムをリリースした彼女ですが、その後に結婚して引退。今日紹介するこのアルバムは7年ぶりにコロンビアよりリリースされた78年のセカンドアルバムです。お兄さんのジェームス・テイラーがプロデュースをつとめており、兄アレックスや弟ヒュー、当時の義姉カーリー・サイモンなど家族親戚総出で制作されてます。

黒人音楽をルーツに持つ彼女だけに、このアルバムでもジェームス・テイラー作の⑤⑦、弟リヴの⑩、旦那が作った⑨、自作の⑪以外はソウル/R&Bなどのカバーで占められていて、アイク&ティナ・ターナーの①、マーヴィン・ゲイの④、テンプテーションズの⑧などの有名どころも聴けます。バックを努めるのはスティーブ・ガッド、コーネル・デュプリー、リチャード・ティーなどSTUFFのメンバーを始め、マイケルとランディのブレッカー兄弟、デビッド・サンボーン、デビッド・スピノザ、ウィル・リー、ロン・カーターなどのそうそうたる面子で、ファンキーながらも洗練された音を聴かせてくれます。

ケイトの歌声もいいですね。①なんかパワフルかつソウルフルです。テイラーファミリーといった先入観からSSW的なものをイメージしてた僕としては、嬉しい驚きでした。ソウルテイストと、洗練されたAOR感と、SSW的なアコースティック感がうまくミックスされたアルバムですね。


1. A Fool In Love
2. Smuggler's Song
3. Harriet Tubman
4. Stubborn Kind Of Woman
5. Happy Birthday Sweet Darling
6. It’s In His Kiss (The Shoop Shoop Song)
7. Slow And Steady
8. It's Growin'
9. Tiah's Cove
10. Rodeo
11. Jason & Ida


購入日:11/21
購入場所:ディスクユニオン神保町店
購入金額:¥1,890
備考:国内盤 新品 紙ジャケ
[PR]
by shintan_shintan | 2006-11-21 22:08 | 70s (77~79)