MILES DAVIS / AGHARTA (紙ジャケ)

b0079504_18344957.jpg


22日に発売になったマイルス紙ジャケの第3弾。昨日届くものとばかり思ってましたが1日遅れでようやく到着しました。
正直なところスタンダードなジャズは有名なタイトルくらいしか聴いたことのない僕にとっては、ジャズファン、マイルスファンには邪道と言われるかもしれませんが、マイルスは60年代後半からの電化時代が一番好きなんですよね。というわけで今回の第3弾からは6タイトルほど購入しましたので、しばらくはマイルス紙ジャケを紹介していきますね。

まず最初に紹介するのは、75年2月1日の大阪フェスティバルホールでの昼の部の演奏を編集してリリースされた「アガルタの凱歌」。ピート・コージーのヘヴィーなギターとマイケル・ヘンダーソン、アル・フォスター、ムトゥーメによるファンキーなリズム隊をバックに、マイルスの強烈なブロウが聴ける最高にカッコイイ、ジャズファンクなアルバムです。
サンタナの「ロータス」紙ジャケ化の時と同様に、オリジナル盤リリース時の日本人制作スタッフが再集結してリリースされたって事で、アガパンが今回一番楽しみにしてたタイトルでした。横尾忠則デザインによるジャケットや帯の再現性もですが、やっぱり気になるのは06年の最新DSDリマスターによる音質ですね。

で、気になる音ですが、う~ん・・・賛否両論分かれそうですね。現行の国内プラケ盤に比べて、音量/音圧はあきらかに落ちてます。以前記事にした「Bitches Brew」同様おとなしい音です。音の分離(特に低音部)は良くなってる気がしますし、以前は引っ込んでいて聞き取りづらかった音も聞こえるようになってますが、これはリマスタリング効果というよりは、リミックスしてんじゃないの?って気もします。あと気になるのはリバーブ感が増えてること。ライブ感が増してると言われればそうですけど、なんとなく違和感がありました。

今回の紙ジャケ化に関しては「最良のマスターを使用」「現在望み得る最高の音質を追求しました」がソニーの謳い文句ですが、僕的にはちょっとクエスチョンマークですね。オリジナルアナログ盤の音や、オリジナルマスターテープの音はわかりませんし、それに近づけたと言われれば納得するしかないんですけど。


(Disc 1)
1. Prelude
2. Maiysha

(Disc 2)
1. Interlude~Theme From Jack Johnson


購入日:11/23
購入場所:HMV通販
購入金額:¥2,835
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2006-11-23 18:33 | JAZZ/FUSION