MILES DAVIS / A TRIBUTE TO JACK JOHNSON (紙ジャケ)

b0079504_18384628.jpg


黒人ボクサー、ジャック・ジョンソンの生涯を取り上げた映画のサントラとして70年にリリースされた作品。マイルスのなかで最もロック色の強いシンプルなアルバムでしょう。収録曲は2曲ですが、ジョン・マクラフリン(G)、マイケル・ヘンダーソン(B)、ビリー・コブハム(Dr)、ハービー・ハンコック(Key)によるシャッフルナンバーの①が圧倒的にカッコイイです。26分にわたって1コードのジャムが延々と続けられている曲ですが、後半のテオ・マセロによる編集もあって飽きることなく聴けますね。

②はセッションでの各パートを編集して繋げた、ちょっと不思議な雰囲気のスローなオフビートのファンクって感じの曲で、正直なところ特筆するような内容ではありませんが、①だけでこのアルバムの価値は高いものがあります。ジャズを聴いたことがないんだけどマイルスを聴いてみたいと思ってる方はこのアルバムから入ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

今回購入した6タイトルの中から、2006年DSDマスタリングが施された4枚を紹介してきましたが、他に購入した2枚「LIVE EVIL」と「GET UP WITH IT」は前回(旧企画の黒帯)のDSDと同じマスターでしたのでご紹介はしませんでした。ただ今回の紙ジャケは銀蒸着CDということで、同じマスターでどれだけ音が違うのか聴き比べてみましたが、僕には音の違いはわかりませんでした。銀蒸着やゴールドCDでの音質向上を謳ってるものもありますが、一般消費者がどこまで聴き分けられるのかは、正直なところ疑問ですね。


1. Right Off
2. Yesternow


購入日:11/23
購入場所:HMV通販
購入金額:¥1,890
備考:国内盤 新品 
[PR]
by shintan_shintan | 2006-11-26 18:37 | JAZZ/FUSION