今年の個人的ベスト10 

4月に始めたこのブログですが、気がつけば8ヶ月が過ぎとうとう大晦日。毎日のように購入したCDをご紹介するのは、時間も懐もけっこう大変でしたが、なんとか続けることができ270もの記事をアップできました。これも、ご訪問してくださる方々や、ブログ仲間の皆様方のおかげだと切に感じております。どうもありがとうございました。
2007年も、変わらず拙文にお付き合いくださいますよう、宜しくお願いいたします。


で、今年最後の記事は、このブログで紹介した中から、お気に入りのアルバムベスト10をご紹介します。内容はもちろん、インパクトや、コストパフォーマンス、聴いた回数などを鑑みて選んでみました。


第10位 トラピーズ 「連動」(紙ジャケ)
これは最近紹介したものですが、ほんとカッコイイです。グレン・ヒューズのシャウトってそんなに好きじゃないんですが、それを凌駕するのがメル・ギャレーのギタープレイのかっこよさ。ファンキーなハードロックです。

第9位 セルジュ・ゲンスブール 「メロディ・ネルソンの物語」(紙ジャケ)
ジェーン・バーキンの可愛らしいジャケットからは想像できない、プログレアルバム。クリムゾン好きには特にオススメです。

第8位 森高千里 「DO THE BEST」
I-Podの再生回数で一番多かったのがこのアルバム。「夏の日」「渡良瀬橋」「風に吹かれて」など、季節を感じる曲が大好きです。

第7位 リア・カンケル 「リア・カンケル」
永らく廃盤となっていた名盤のリイシュー。SSWテイストと西海岸の爽快なサウンドが融合したAORの傑作ですね。

第6位 サンタナ 「ロータス」(紙ジャケ)
今年の紙ジャケ大賞といえば、やはりこれでしょうね。ちょっとおバカな22面体ジャケットはやっぱり凄いですよ。

第5位 大瀧詠一 「A LONG VACATION」
この齢になって、はじめてまともに聴いたんですが、まさにジャパニーズ・ポップスの最高峰。「素晴らしい」のひと言に尽きますね。

第4位 レス・デューデック 「レス・デューデック」
ボズ・スキャッグスのアルバムにも参加していたギタリストのファーストソロ。ヘルスエンジェルスみたいなルックスながら、ファンキーでハードでAORでスワンピーといったゴキゲンな音が聴けますよ。

第3位 ジャッキー・デシャノン 「ソングス」
なんとなく買ったアルバムですが、極上のスワンプ/ルーツな音にノックアウトされましたね。その手の音が好きな方は、だまされたと思って聴いてみてください。

第2位 ジョー・ママ 「ジョー・ママ」
このアルバムに出会ったことによって、名盤探検隊シリーズなどのアメリカンルーツ系の音や、ダニー・クーチやセクションの面々が参加してるアルバムにどっぷりはまっちゃいました。

第1位 バーバラ・キース 「バーバラ・キース」
いわゆる女性SSWのアルバムですが、楽曲や歌声はもちろん、バックの演奏やプロデュースワーク等々、僕の大好きなものが全部あるって感じです。生まれてから今までに聴いたすべてのアルバムの中でも上位に入るくらい好きですね


てな感じです。それでは皆様よいお年を。
[PR]
by shintan_shintan | 2006-12-31 10:57 | 全般