KOKOMO / KOKOMO

b0079504_23282260.jpg


古城の見える薄暗い森の中を走る「手」を乗せたクラシックカー。
意味がよくわからないながらも、なんとなく英国的な雰囲気を感じさせるジャケットで、2001年にソニーの「洋楽秘宝館シリーズ」で世界初CD化されたのが、今日紹介するのがブリティッシュ・ファンクバンド「ココモ」のデビューアルバム。ちなみに邦題は「ファンキー・マシーン★ココモ1号」です(笑)

ジョー・コッカーとの活動で知られるグリースバンドのニール・ハバード(G)とアラン・スペナー(B)が、アライヴァルというバンドの4人のヴォーカル陣らと合体し、そこに元キング・クリムゾンのメル・コリンズ(Sax)も加わり結成された10人組の大所帯バンド。
メンバーが白人のみに関わらず、黒人顔負けのファンキーでソウルフルな音楽性から、アヴェレージ・ホワイト・バンド(AWB)の対抗馬としても人気があったようですね。

イギリスのバンドではありますが、AWB同様に英国的な叙情性や陰鬱さはなく、からったとしたファンキーでソウルフルなロックが聴けるアルバムです。なんといってもファンキーな曲がかっこいいですね。オープニングの①もいいですが個人的には⑦が最高です!②④⑨といった女性ヴォーカルがリードを取る、ブルーアイドソウル的なミディアム~スローナンバーもコンテンポラリー感もいい感じです。

b0079504_23464855.jpg



1. Kitty Sittin’ Pretty
2. Anytime
3. I’m Sorry Babe
4. Forever
5. It Ain’t Cool (To Be Cool No More)
6. Feeling This Way
7. Sweet Sugar Thing
8. I Can Understand It
9. Angel


購入日:1/31
購入場所:ココナッツディスク(代々木)
購入金額:¥1,050
備考:国内盤 帯なし 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-02-09 23:28 | SOUL/FUNK