HUNGRY CHUCK / HUNGRY CHUCK (紙ジャケ)

b0079504_21593198.jpg


カナダのフォークデュオ「イアン&シルヴィア」が結成したバンド「グレート・スペックルド ・バード」を母体として結成された「ハングリー・チャック」が72年にリリースした唯一のアルバムでベアズヴィル録音の名盤を紹介します。過去にCD化されてたものの永らく廃盤状態で今回、リマスター&紙ジャケでリリースされることになりようやく聴くことができました。

エイモス・ギャレット(ギター)、ベン・キース(ペダルスティール、ドブロ)、NDスマート2世(ヴォーカル、ドラム)、ジム・コルグローブ(ヴォーカル、ベース)、ジェフリー・ガッチョン(ピアノ、オルガン)、ピーター・エックランド(コルネット、トランペット)の名手6人が、ポール・バターフィールド(ハーモニカ)、ガース・ハドソン(サックス)、ジェフ・マルダー(クラリネット)などのゲストミュージシャンを迎えて奏でる音は、カントリー、ロックンロール、ブルース、ディキシー、ニューオーリンズ、ファンクなどの様々な音楽的要素をごっちゃまぜにしたようなオールドタイミーなルーツミュージック。

時にはファンキーに、時にはメロウに、時にはノスタルジックな音は抜群の安定感がありますね。かといって落ち着きすぎてレイドバックしてるかというと、そういうわけではなく、どことなくコミカルで実験的な感もあって飽きないですね。エイモス・ギャレット独特の、つんのめるようなトリッキーなギターもカッコイイです。


1. Hat's Off,America!
2. Cruising
3. Old Thomas Jefferson
4. Play That Country Music
5. Find The Enemy
6. Watch The Trucks Go By
7. Dixie Highway
8. You Better Watch It Ben,Someday You're Gonna Run Out Of Gus (I'm Giving YOu A Warning)
9. Hoona Spoona
10. All Bowed Down
11. South In New Orleans~Doin' THe Funky Lunchbox

(Bonus)
12. Box Office Disaster
13. Celia


購入日:3/7
購入場所:HMV通販
購入金額:¥2,520
備考:国内盤 紙ジャケ 
[PR]
by shintan_shintan | 2007-03-12 21:59 | GOOD TIMES MUSIC