JOHN LEE HOOKER / BOOM BOOM

b0079504_21571381.jpg


ライ・クーダー、カルロス・サンタナ、ロバート・クレイ、キース・リチャーズ、ヴァン・モリソン、ジョニー・ウィンターなど、錚々たるメンバーを迎えて制作された91年の「Mr.LUCKY」に続いて、55~62年に Vee-Jay レコードに録音した楽曲を中心にセルフカバーした92年のアルバム。リアルタイムで聴いていたアルバムですが、いつのまにか手放してまして今回再入手となりました。

ゲストのカラーが前面に出てて、企画色の強かった「Mr.LUCKY」ですが、このアルバムではジミー・ヴォーン、アルバート・コリンズ、ロバート・クレイ、ジョン・ハモンドなどのゲスト陣も、地味目な面子からか(失礼)あくまでジョン・リーのバックアップに徹する好サポートぶりです。

マディやBB、ジョン・リーなどブルースの巨人たちの全盛期のアルバムって60年代初頭以前のものが多いんですが、録音状態が悪かったり、プリミティブ過ぎて意外と聴きづらいなのものが多いような気がするんですよね。
こういったセルフカバーのアルバムって、名曲を現代的な音で聴けるんで結構好きですね。


1. Boom Boom
2. I'm Bad Like Jesse James
3. Same Old Blues Again
4. Sugar Mama
5. Trick Bag
6. Boogie At Russian Hill
7. Hittin' The Bottle Again
8. Bottle Up And Go
9. Thought I Heard
10. I Ain't Gonna Suffer No More


購入日:3/17
購入場所:ブックオフ東村山
購入金額:¥250
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-04-04 21:57 | BLUES/BLUES ROCK