BILLY JOEL  「TNE NYLON CURTAIN」 「AN INNOCENT MAN」 (紙ジャケ)


僕が購入する紙ジャケタイトルの多くは、リアルタイムで体験してないもの多いんで、懐かしさというよりは、ミニチャア化されたパッケージの面白さから魅かれることが多いんですが、昔LPでよく聴いていた作品の紙ジャケを見ると、やはり懐かしさがこみ上げてきますね。
今回購入したビリー・ジョエルの2作品も、リアルタイムでよく聴いていたアルバムで、同じ音源のリマスター盤(プラケース)は持ってるんですが、安めの価格で中古紙ジャケを見かけ、懐かしさから購入しちゃいました。


b0079504_22104354.jpg

82年にリリースされた「ナイロンカーテン」は、当時の社会問題も含めた思いテーマの楽曲が多く、彼の作品の中でも異色な存在ですが、僕がリアルタイムに聴き、初めて購入したビリーのアルバムです。
現代社会における様々な重圧がテーマのファーストシングル③や、実在する街「アレンタウン」の鉄鋼不況による失業問題を取り上げたセカンドシングル①などがヒットしてましたが、サウンドもどこか重苦しい感じがしてあまり好きじゃありませんでした。当時はカセットにダビングしてもらった「ニューヨーク52番街」のほうばかり聴いてたかな・・・

このアルバムをちゃんと聴きなおしたのは、リリースされたから10数年後でした。
ベトナム戦争や帰還兵の問題をテーマにした④がCDショップで流れていたんですが、何故か気になってあらためて自宅で聴いてみて打ちのめされました。この曲はほんと凄いです。鎮魂歌ともいうべき歌詞と、分厚いコーラスがビリーっぽくないのかもしれませんが、僕が好きなビリーの曲の上位に間違いなく入りますね。





b0079504_2211042.jpg

83年のリリースされた「イノセントマン」は、シリアスで重い前作とは打って変わって、能天気なほど明るくポップな作品です。
ビリーのルーツであるモータウンやオールディーズ風のサウンドをベースに、どの曲も1度聴いただけで口ずさめるようなキャッチーなメロディーで、当時の恋人クリスティとのラブラブぶりからを反映させたかのような、聴いてるとこちらまでハッピーな気分になるアルバムでしたね。
当時中学生だった僕や、まわりの友人には前作よりもだいぶ評判がよかったですし、聴くたびに中学生の時の様々な思い出がフラッシュバックしてくる作品です。



【THE NYLON CURTAIN】
1. Allentown
2. Laura
3. Pressure
4. Goodnight Saigon
5. She's Right On Time
6. Room Of Our Own
7. Surprises
8. Scandinavian Skies
9. Where's The Orchestra


【AN INNOCENT MAN】
1. Easy Money
2. Innocent Man
3. Longest Time
4. This Night
5. Tell Her About It
6. Uptown Girl
7. Careless Talk
8. Christie Lee
9. Leave A Tender Moment Alone
10. Keeping The Faith


購入日:4/1
購入場所:ブックオフ代々木駅北口店
購入金額:各¥1,000
備考:国内盤 紙ジャケ 中古 
[PR]
by shintan_shintan | 2007-04-13 12:21 | 80s ROCK