FULL MOON FEATURING NEIL LARSEN & BAZZ FEITEN

b0079504_19324880.jpg


80年にリリースされたラーセン-フェイトン・バンドのファーストアルバムは、AORとフュージョンとロックのバランス加減が絶妙の作品でしたが、今日紹介するのは同じメンバーで制作され82年にリリースされたアルバム。

ただ、このアルバム「ラーセン-フェイトン・バンド」ではなく、ラーセンとフェイトンが以前結成していて72年にアルバムを1枚だけリリースした「フルムーン」名義でリリースされてるんですよね。
混乱を避けるためか、日本ではアルバムタイトルを「フルムーン」、アーティスト名は「ラーセン-フェイトン・バンド」とクレジットされてますし、今では実質ラーセン-フェイトン・バンドのセカンドアルバムとして認識されてるようです。

前作では8曲中6曲がヴォーカルナンバーでしたが、今作ではバジー作の歌もの4曲と、ラーセン作のインスト4曲が交互に収録されていて、ヴォーカルナンバーも含め、前作よりロック色が薄まり、若干コンテンポラリーな方向にシフトされてますね。
ファーストに比べて、ロック的なキャッチーさは薄まりましたが、ドナルド・フェイゲンっぽい①や、このアルバムで一番ポップな⑤などは印象深いですし、今日みたいな天気の良い日にはピッタリなサウンドです。


1. Phamtom Of The Footlights
2. The Visitor
3. Twilight Moon
4. Sierra
5. Brown Eyes
6. Hero’s Welcome
7. Standing In Line
8. Little Cowboys


購入日:5/3
購入場所:ブックオフ東所沢店
購入金額:¥1,000
備考:国内盤 帯なし 中古


[PR]
by shintan_shintan | 2007-05-12 19:32 | AOR