MICHAEL SEMBELLO / BOSSA NOVA HOTEL


b0079504_23365190.jpg

永らく廃盤で、オークションでも高値で取引されてたマイケル・センベロ83年のファースト・ソロアルバム。僕もずっと店頭で探していたんですが、結局出会うことがなかったんですよね。
この度めでたくWounded Birdより再発となり、早速入手してきました。

映画「フラッシュダンス」のサントラに収録されていた⑤「マニアック」が全米1位のヒットとなり、一躍ブレイクした彼ですが、もともとはスティービー・ワンダーのバックバンドで活躍してたギタリスト/ソングライターなんですよね。
「マニアック」がヒットしてた頃はそんなこと知らなかったんですけど、スティービーのアルバム「キー・オブ・ライフ」では「Saturn」を共作し、インストの「Contusion」ではテクニカルなリードギターを聴かせてくれてます。「Sir Duke」のギターもセンベロなんですよね。

AORのガイド本などでも取り上げられることが多い本作ですが、確かに曲調は爽やかでソウルフルなAOR的なものが多いですし、②③⑦⑨などは王道的なAORサウンドですし、特にアダルトな雰囲気のバラード⑦はかなりお気に入りです。
アルバム全体では、83年という時代からなのかか、打ち込み(クレジットはシモンズドラム)やシンセベースを多用したデジタル的な音作りがなされてて、特にそのあたりが顕著⑤①⑥などは正直とまどうところもありますね。

ただ、歌も曲も素晴らしいし、⑤ではライトハンド奏法まで披露してくれるほどギターも上手いし、相当クオリティの高い作品ですね。「マニアック」のイメージでこのアルバムを聴くとちょっと驚くかもしれませんがオススメです。

ちなみにリマスターのクレジット表記はないですが、間違いなくされてるでしょうね。良い音ですよ。


1. Automatic Man
2. First Time
3. Cowboy
4. It’s Over
5. Maniac
6. Godzilla
7. Talk
8. Cadillac
9. Lay Back
10. Superman


購入日:5/24
購入場所:ディスクユニオンお茶の水ロック館
購入金額:¥1,790
備考:輸入盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2007-05-25 23:36 | AOR