DON NIX / IN GOD WE TRUST

b0079504_2143121.jpg


東京は今日から梅雨に入りましたね。ジメジメとしたいやな時期が続くかと思うとちょっと気も滅入ります。さらに、わたくし風邪をひいてしまいまして、咳は出るし熱はあるしで体調絶不調です。というわけで、今日は簡単な記事しか書く気力がないんで、ごかんべんください。

今日紹介するのは、ドン・ニックスがレオン・ラッセルのシェルターレーベルからリリースした70年のソロデビューアルバム。彼のプロフィール云々は以前アップしたセカンドアルバムの記事を参考にしてください。

内容はといえば2nd同様、ゴスペルからの影響も感じる泥臭いスワンプサウンドで、どことなく切なげなメロディもあって男の哀愁(死語)を感じる1枚ですね。
バックを努めるのは、バリー・バケット(P) ロジャー・ホーキンス(Dr) デヴィッド・フッド(B) エディ・ヒントン(G)らマッスルショールズ・リズムセクションの面々ですし、スワンプ/南部系の音楽が好きな方でこのアルバムが嫌いな方はあまりいないだろう、鉄板なアルバムです。

ちなみにこのアルバムは現在廃盤。僕はたまたま手頃な値段で入手できましたが、店頭でみかけたら即ゲットすることをオススメします。


1. In God We Trust
2. Golden Mansions
3. I’ll Fly Away
4. He Never Lived A Day Without You
5. Nero My God To Thee
6. Amos Burke
7. Long Way To Nowhere
8. Iuka
9. Will The Circle Be Unbroken
10. I’ve Tired (Trucker’s Lament)


購入日:5/26
購入場所:ユニオン国立店
購入金額:¥1,260
備考:国内盤 帯なし 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-06-14 21:43 | SOUTHERN / SWAMP