ROXY MUSIC / AVALON


b0079504_17564522.jpg

何かと物議を醸す事の多いレココレの年代別ベスト100ですが、確かに集計方法や偏向性などでに違和感を感じることは多いものの、個人的にはけっこう楽しんで拝読できました。
なんといっても、全然知らなかったり、なんとなく聴かずじまいだった未聴作品がランクインされてたりすると、「聴いてみたい感」が増徴してけっこう刺激になりますからね。

今日紹介するロキシー・ミュージックのラスとアルバムもレココレ誌の80年代100選で16位にランクインされてました。このアルバムがリリースされた82年は僕が洋楽を聴き始めた年なんですが、まわりにロキシーを聴いてる奴もいなく、いまだに聴いたことのない作品でしたが、レココレ発売直後に中古で見かけ、いい機会だと思い購入してみました。

アルバムとして聴くのは今回が初めてなんですが、シングル①はTVCMなどで使われたましたし、ブライアン・フェリーのソロアルバムは聴いたことがあったので、なんとなく内容は想像してたのですが、想像通りのロマンティシズムやダンディズム溢れた幻想的な音ですね。ロキシー自体、以前記事にしたファーストアルバムしか聴いたことがないんですが、ファーストに溢れていたフリーキーさやアバンギャルドな感は一切なく、フェリーの嗜好が反映されたのか非常に洗練されたタイトな音です。

アルバムは、アンディ・ニューマーク(Dr)やアラン・スペナー(B)、ニール・ハバード(G)などのセッションミュージシャンも参加して制作されていて、個人的にはロキシーの音の核だと思ってるフィル・マンザネラ(G)、アンディ・マッケイ(Sax)の存在感はかなり希薄ですね。このアルバム自体、実質的にはブライアン・フェリーのソロアルバムと見る向きもも多く、確かに雰囲気もあるし、楽曲や演奏のクオリティも高いんですが、バンド名義の作品としてはちょっと寂しい感じもします。


1. More Than This
2. The Space Between
3. Avalon
5. While My Heart Is Still Beating
6. The Main Thing
7. Take A Chance With Me
8. To Turn You On
9. True To Life
10. Tara


購入日:6/15
購入場所:ユニオン新宿中古
購入金額:¥840
備考:国内盤 帯なし 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2007-06-24 17:58 | 80s ROCK