DUANE ALLMAN / AN ANTHOLOGY VOLUMEⅡ

b0079504_2237471.jpg


71年、24歳にしてバイク事故で他界してしまったデュアン・オールマン。翌年には彼の参加作品で編集された追悼盤「アンソロジー」がリリースされましたが、今日紹介するのは74年にリリースされた「アンソロジーVol.2」。
Vol.1は以前から愛聴してましたが、未聴のVol.2をお値打ち価格で発見しゲットしました。

Vol.1同様、マッスルショールズでのスタジオミュージシャン時代のセッションワークや、オールマンの前身「アワグラス」、マッスルショールズ時代に進めていた幻のソロアルバムからの音源で構成されていますが、ボズ・スキャッグス「ローン・ミー・ダイム」、ウィルソン・ピケット「ヘイ・ジュード」、アワグラスでの「BBキングメドレー」などの名演はあらかたVol.1に収録されてしまったこともあって、結構地味な印象ですね。

とはいってもディスク1にはリズムチェンジがかっこいい自身名義の①⑦や、切れ味の鋭いスライドが聴ける③のほか、60年代のモッズシーンで人気のあった英国女性シンガーの⑩や、フルート奏者ハービー・マンのジャズファンクチューンなどちょっと変り種もあって楽しめます。ディスク2に関しても、未発表ライブテイクの⑥や、アルバムバージョンとは別テイクな⑨など、ファンには満足な音源が収録されてるのが嬉しいですね。

マッスルショールズでのセッションギタリストをしていた時期はけっこう短いですし、デュアン以外にもジミー・ジョンソン、エディ・ヒントン、ピート・カーなど名だたるギタリストが所属していただけに、参加作品はそれほど多くないんですが。セッションでのアウトテイクやお蔵入り音源などがあれば是非聴いてみたいものです。


【Disc 1】
1. Happily Married Man (DUANE ALLMAN)
2. It Ain't Fair (ARETHA FRANKLIN)
3. The Weight (KING CURTIS)
4. You Reap What You Sow (OTIS RUSH)
5. Matchbox (RONNIE HAWKINS)
6. Born To Be Wild (WILSON PICKETT)
7. No Money Down (DUANE ALLMAN)
8. Been Gone Too Long (HOURGLASS)
9. Stuff You Gotta Watch ARTHUR CONLEY)
10. Dirty Old Man (LULU)
11. Push Push (HERBIE MANN)

【Disc 2】
1. Walk On Gilded Splinters (JOHNNY JENKINS)
2. Waiting For A Train (BOZ SCAGGS)
3. Don't Tell Me Your Troubles (RONNIE HAWKINS)
4. Goin' Upstairs (SAM SAMUDIO)
5. Come On In My Kitchen (DELANEY & BONNIE)
6. Dimples (ALLMAN BROTHERS BAND)
7. Going Up The Country (THE DUCK AND THE BEAR)
8. Done Somebody Wrong (ALLMAN BROTHERS BAND)
9. Leave My Blues At Home (ALLMAN BROTHERS BAND)
10. Midnight Rider (ALLMAN BROTHERS BAND)


購入日:6/15
購入場所:ブックオフ門前仲町
購入金額:¥1,350 (定価3,262円)
備考:国内盤 帯つき 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-06-25 22:37 | SOUTHERN / SWAMP