EDDIE HINTON / VERY EXTREMELY DANGEROUS

b0079504_1950232.jpg


中古CDショップで出物を発掘するのに大事なのは、やはりこまめにお店に行く事だとは思うんですが、僕がオススメしたいのは棚を2回見てまわるること。時間や手間はかかりますが、ひと通り探索したしたあとにもう一度眺めていると、見落としていたモノを発見できる事が多いです。

今日紹介するアルバムも、前回記事にしたドン・ニックス同様にずっと探していたもののなかなか入手できなかった作品。ショップで見かけることもなく、オークションでも競り負けてばかりで半ば入手を諦めかけてましたが、よく行くブックオフで入手することができました。これも1回見たときには見落としていたんですが、もう一度棚を眺めなおした時に発見できました。

マッスル・ショールズ・サウンド・スタジオのセッションマンとして、60年代から数多くのアルバムに参加し名作を数多く生み出してきた白人ギタリスト、エディ・ヒントンが78年にリリースした初のソロアルバム。
バリー・ベケット(P)、ジミー・ジョンソン(G)、デヴィッド・フッド(B)、ロジャー・ホーキンス(Dr)らのマッスル・ショールズ・リズム&ホーン・セクションのバックアップで制作されたこの作品ですが、本当に素晴らしソウルアルバムです!

サザン・ソウルマナーを踏襲したヒントン作の楽曲も相当良いんですが、何といっても予備知識がなければ100人が100人とも黒人シンガーと間違えてしまうだろうヒントンのヴォーカルが凄いです。オーティス・レディングをちょっと甲高くしたような塩辛い歌声はまさにソウルフル。「ブラックミュージック」とか「ホワイトソウル」とか、ジャンルをカテゴライズするのが馬鹿らしく感じてしまう、本物のソウルアルバムだと思います。


1. You Got Me Singing
2. Concept World
3. I Got the Feeling
4. Shout Bamalama
5. Get Off In It
6. Brand New Man
7. Shoot The Moon
8. We Got It
9. Yeah Man!
10. I Want It All


購入日:7/27
購入場所:ブックオフ高田馬場北店
購入金額:¥1,200
備考:輸入盤 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-08-05 19:50 | SOUL/FUNK