VANDENBERG / HEADING FOR A STORM

b0079504_1847240.jpg


アルバム「サーペンス・アルバス」制作後に脱退したジョン・サイクスの後釜として、ホワイトスネイクに加入したギタリスト、エイドリアン・ヴァンデンバーグ。今日紹介するのは80年代前半に活動していた自身のバンド「ヴァンデンバーグ」が83年にリリースした2nd「誘惑の炎」。

このアルバムがリリースされた当時は、ファーストシングルの⑨がラジオ(FM)でもよくかかっていましたね。ハードロックに目覚め始めた中学生の頃から愛聴していた作品なんですが、今回ブックオフで中古を見かけ、20年ぶりくらいに聴きなおしました。

オランダのバンドらしく欧州的なドラマティックさと、ポップでキャッチーなアメリカンロックっぽさを併せ持つバンドなんですが、
この作品でもA面にあたる①~④では、非常に耳馴染みのいいポップな作品で構成されていて、B面にあたる⑤以降は様式美的な要素も感じるハードロックな楽曲が中心になってます。

ドラマティックでクラシカルなハードロックが好きな方には、思いっきりツボだろう⑤⑨も素晴らしいですが、個人的に好きなのはA面に配された4曲。特に①~③はハードなサウンドながらもキャッチーで親しみやすいサビを持つ純粋に良い曲ですね。バラードの④も含めてこの流れはほんと大好きです。アルバムトータルではエイドリアン・ヴァンデンバーグの個性的でテクニカルなギタープレイも堪能できますし、良いアルバムですね。


1. Friday Night
2. Welcome To The Club
3. Time Will Tell
4. Different Worlds
5. This Is War
6. I'm On Fire
7. Heading For A Storm
8. Rock On
9. Waiting For The Night


購入日:8/25
購入場所:ブックオフ瑞穂店
購入金額:¥950
備考:国内盤 帯なし 中古
[PR]
by shintan_shintan | 2007-08-31 18:47 | HARD ROCK