JAMES TAYLOR / JT (紙ジャケ)

b0079504_172695.jpg


以前記事にしたジェームス・テイラー「FLAG」のコメントで、みなさんのオススメのジェームス・テイラーのアルバムを教えていただきました。JTには駄作がないようで、みなさん色々なアルバムを挙げていらっしゃったんですが、共通してチョイスしていたのがこのアルバム。

長年在籍していたワーナーからコロンビアに移籍しての第1弾アルバムとしてリリースされた77年の作品。彼の数多い作品のなかでも人気の高い作品で、最高傑作に推す方も多いようですね。僕も以前からいずれは聴いてみたいと思っていた作品なのですが、皆さんのコメントが後押しとなり、早速中古目当てでショップにいったところ、タイミングよく未開封の中古を安く入手することができました。

内容に関しては皆さんがオススメするだけあって文句なしですね。洗練されていて洒落たサウンドと、70年代前半のワーナー時代の彼を彷彿させる温かみのあるアコースティックな雰囲気が上手い具合で折衷されてますね。
前者では耳障りの良くファンキーな①、ダニー・コーチ作のロック色が強い③、グラミーを受賞したヒットシングル⑦。後者ではリンダ・ロンシュタットがコーラスに参加したカントリータッチの⑤や、アコースティックで優しいメロディの②、当時の奥さんであるカーリー・サイモンとの共作である⑩あたりがお気に入りです。

音的には派手ではないし、格段にキャッチーというわけでもないですから、一聴するとどちらかというと地味な印象をもたれる方も多い作品だと思いますが、これは聴きこむうちにジワジワきますね。彼の歌声は聴いているとホッとさせてくれますし、まさにハートウォ-ミングで良いですね。


1. Your Smiling Face
2. There We Are
3. Honey Don't Leave L.A.
4. Another Grey Morning
5. Bartender's Blues
6. Secret O' Life
7. Handy Man
8. I Was Only Telling A Lie
9. Looking For Love On Broadway
10. Terra Nova
11. Traffic Jam
12. If I Keep My Heart Out Of Sight


購入日:8/24
購入場所:ユニオン新宿中古
購入金額:¥1,323
備考:国内盤 新品
[PR]
by shintan_shintan | 2007-09-08 17:26 | SSW